ドローンによる生育観察で残留農薬不検出に 宮城県でひとめぼれを育てる永浦さん【スマート米2022農家紹介】

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米作りをしている「スマート米」。先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。

今回は、宮城県登米市(とめし)ひとめぼれの生産者、2021年から参画した永浦清太郎さん(有限会社とねやしき農場)に、2021年のスマート農業での米作りについて聞きました。

■永浦さんのスマート米「宮城 ひとめぼれ」はこちら
2021年度産スマート米(R3年度産米)スマート米 宮城県産 ひとめぼれ 1.8kg 残留農薬不検出[白米/無洗米玄米]

永浦清太郎さん(農業生産法人 有限会社とねやしき農場)

宮城産の「ひとめぼれ」はどんなお米?


2022年でブランド誕生から30周年を迎えた「ひとめぼれ」は、宮城県で生まれた、コシヒカリを親に持つ新品種です。登米市を含む仙台平野は、さっぱりした食感のササニシキの産地として昔から有名ですが、それに変わる早生品種として開発されました。

「ひとめぼれはバランスがとてもよい品種で、もちもちしすぎず、ふわっとあっさりしているので、万人受けする味だと思います」と永浦さん。

噛むほどににじみ出てくる「ひとめぼれ」の味わいは、コシヒカリ全盛の今だからこそ、やや年配の方や、こってりよりもさっぱりを好む方々にこそオススメしたいお米です。


2021年度産スマート米(R3年度産米)スマート米 宮城県産 ひとめぼれ 1.8kg 残留農薬不検出[白米/無洗米玄米]

初めてのドローンによる生育確認で、残留農薬不検出を実現


永浦さんは、22歳で父親が社長を務める会社に就職。世襲ではなく、あくまで一般企業への就職口のひとつとして農業法人を選んだとのこと。

ただし、社員は父親と同じくらいの年齢層が多く、これから法人のトップに立つような若手はなかなかいません。必然的に、若手として努力を積み重ねて成長してきた永浦さんは、後を継ぐことになります。そして同時に、高齢化で離農が進むこの地域の担い手として、農作業の受託も引き受けることが増えていきました。

そんな永浦さんにとって農業は、「将来的なビジネスチャンスが広がっている業界」のひとつ。自然とのふれあいを楽しむために農業を選ぶという方も増えていますが、永浦さんは農業が秘めているポテンシャルを感じ取り、未来の農業に必要なことを見定めてきました。

そんなふうに受託作業が増えていく中で紹介されたのが、オプティムの「スマートアグリフードプロジェクト」でした。2021年産の「スマート米」の栽培では、ドローンによる圃場の撮影とAIによる生育状況の解析、水位センサーによる水管理などを実際に導入しました。

中でも、ドローンによる圃場画像の分析には非常に驚いたとのこと。「航空写真で圃場の画像を見ながらの栽培は初めてでした。勘ではなくデータとして水位や状況が見られる経験はとてもよかったです」と永浦さん。

近隣の生産者からの作業依頼も多く請け負っていることもあり、今後は請負の圃場と自社の圃場の生育タイミングを確認し、播種から収穫までの作業時期をずらして最適なタイミングで作業できるようにするためにも、「適期作業支援アプリ」なども導入したいとのことでした。

結果として、こうしたスマート農業を活用したことにより、2021年産のスマート米「宮城ひとめぼれ」では、農薬等による害虫防除はほとんど行わずに済んでいます。

「ドローンによる生育調査の結果から、色彩選別機を使って欠陥粒を選別するだけで十分そうだったので、農薬を大幅に減らすこともできました」とのことで、労力と資材のコスト削減に加え、残留農薬不検出の安心・安全な「宮城産ひとめぼれ」が収穫できました。


宮城県の中でも、この登米市を中心とした地域で栽培された「ひとめぼれ」は、地元宮城の方々を中心に扱われており、県外で扱われることは少ないとのこと。

今回、ドローン・IoT・AIなどを用いた先進的なスマート農業により、減農薬などを実現している「スマート米」というブランドは、地域や品種だけでなく、スマート農業への取り組み自体を価値のひとつとして打ち出しています。そのおかげで、日本各地で地元に愛されている本当においしい品種を、他の地域のより多くの方々にも味わっていただける、地域おこしのきっかけづくりにもなっているのです。

どんな食事にも合うバランスの良さで、年代や好みを問わず、口にするだけで誰もが“ひとめぼれ”してしまう宮城のお米を、この機会にぜひお試しください!

■スマート米「宮城 ひとめぼれ」の購入はこちらから
2021年度産スマート米(R3年度産米)スマート米 宮城県産 ひとめぼれ 1.8kg 残留農薬不検出[白米/無洗米玄米]


■毎日食べるお米だからこそ、より「あんしん」にこだわりませんか


毎日食べるお米には、どの産地のどんな銘柄のお米を選びますか? お米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイントです。農薬や化学肥料の使用量を抑えて育てられた、子どもや家族みんなにあんしんなお米を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米、白米と同じように手軽に炊けると人気の「無洗米玄米」もそろっています。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 沖貴雄
    1991年広島県安芸太田町生まれ。広島県立農業技術大学校卒業後、県内外の農家にて研修を受ける。2014年に安芸太田町で就農し2018年から合同会社穴ファームOKIを経営。ほうれんそうを主軸にスイートコーン、白菜、キャベツを生産。記録を分析し効率の良い経営を模索中。食卓にわくわくを地域にウハウハを目指し明るい農園をつくりたい。
  3. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。