「関西随一のおいしさです!」丹波篠山でコシヒカリを育てる田渕さん原さん【スマート米2022農家紹介】

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米作りをしている「スマート米」。先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。

今回は兵庫県丹波篠山コシヒカリの生産者さんをご紹介します。

2021年栽培のスマート米「丹波篠山 コシヒカリ」は、3つの協力農家が栽培しています。農家の中から、田渕泰久さん(農事組合法人丹波たぶち農場)と原 智宏さん(株式会社アグリヘルシーファーム)に、2021年の新米やスマート農業での米作りについて聞きました。

■田渕さん原さんのスマート米「丹波篠山 コシヒカリ」はこちら
スマート米2022(21年度産米)スマート米 丹波篠山 兵庫県産 コシヒカリ 1.8kg

田渕泰久さん(農事組合法人丹波たぶち農場)
原 智宏さん(株式会社アグリヘルシーファーム)

丹波篠山産の「コシヒカリ」はどんなお米?


魚沼産と並び称されるブランドである丹波篠山産のコシヒカリ。関西産の銘柄米の中でも随一の食味の高さを誇りますが、その秘密は、昼夜の寒暖差が大きい盆地特有の気候にあります。

「温暖化が進む中、ここは盆地なので日中はかなり高温になりますが、お盆を過ぎると朝晩は涼しい日が続きます。イネというのは25℃以下にならないと、日中葉が光合成して蓄えた養分を実に送り込むことができません。温暖化が進んでもきっちり夜に気温が下がることで、お米のひと粒ひと粒が充実していくのです」と田渕さん。

恵まれた気候が甘みと粘り気を持つ理想的なコシヒカリを生み出しているんですね。

続いて、全国的に作られているコシヒカリの中でも、丹波篠山産ならではの特徴を聞いたところ、

「ふだん、東日本のお米を召し上がっている方には、同じコシヒカリでも米粒が『ひとまわり小さい』と感じられるかもしれません。でもそれは生育不良なわけでなく、丹波篠山のお米の特徴です。特に新米の時期、炊きたてのご飯は、粘りと弾力があり、“力強さ”を感じさせるお米なのです」と原さん。

コシヒカリのおいしさを受け継ぎつつも、爽やかな甘味とあっさりした食味を楽しめるそう。

スマート米2022(21年度産米)スマート米 丹波篠山 兵庫県産 コシヒカリ 1.8kg

スマート農業で農薬を最小限に抑えました


スマート米はおいしいだけではありません。スマート農業を活用し、誰でもあんしんして食べられるお米作りをしています。

原さんのアグリヘルシーファームでは、以前から農薬の使用量を極力減らした栽培を行っていましたが、どこに害虫や病気が潜んでいるかまではわからず、予防も兼ねた農薬の全面散布が必要だったそうです。

スマート農業を取り入れたところ、「ドローンで空撮し、AIで画像解析し、被害が出ている箇所を割り出してピンポイントで散布することで、農薬の使用量を90%以上減らすことができました」とのこと。

こうして出来上がった今年度の「丹波篠山 コシヒカリ」は、農林水産省のガイドライン「節減対象農薬50%以下」を実現。

また、収穫量よりも味を高めるために肥料を極力減らして栽培した結果、香り豊かで食べやすいお米ができました。


東北や新潟の産地に比べると生産量が限られているため、関西以外ではなかなか見かけることのない貴重な存在です。この機会にぜひお試しください!

スマート米「丹波篠山 コシヒカリ」を栽培いただいた協力農家さん

■スマート米「丹波篠山 コシヒカリ」の購入はこちらから
スマート米2022(21年度産米)スマート米 丹波篠山 兵庫県産 コシヒカリ 1.8kg


■せっかく新米を選ぶなら「あんしん」にこだわりませんか


今年の新米は、どの産地のどんな銘柄のお米を選びますか? お米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイントです。農薬や化学肥料の使用量を抑えて育てられた、子どもや家族みんなにあんしんなお米を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米、白米と同じように手軽に炊けると人気の「無洗米玄米」もそろっています。

おなじみのコシヒカリから、ご当地で人気の銘柄までをラインナップ。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。