「もち米のような“もっちり感”を楽しめるお米」新潟で「ミルキークイーン」を育てる姉崎さんインタビュー【令和5年産スマート米 農家紹介】

[広告企画]

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米作りをしている「スマート米」。先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。

今回は、新潟県新発田市の「ミルキークイーン」の生産者である姉崎信弘さん(姉崎農園)に、スマート農業技術を活用した米作りについて聞きました。

姉崎さんが育てたスマート米「新発田 ミルキークイーン」(残留農薬不検出は)こちら

姉崎信弘さん(姉崎農園)

姉崎さんが作る「ミルキークイーン」ってどんなお米?


新潟県新発田市は、豪雪地帯ならではの豊富な雪解け水と、昼夜の激しい寒暖差で、米づくりに適した理想的な土地。新潟のお米といえば南魚沼が有名ですが、新発田も新潟県有数の米どころです。

そんなお米の産地で姉崎さんが作るミルキークイーンは、低アミロース米として人気のお米です。

お米は、アミロースの含有量が少なくなるほど粘り気が強くなり、もちもちとした食感になります。低アミロース米とは、アミロースの含有率が一般的な白米(うるち米)よりも低いお米のことを言います。

ミルキークイーンももっちりとしたソフトな食感が魅力。やわらかく、ふっくらとしていて冷めてもおいしさが続くので、お弁当やおにぎりの他、炊き込みごはんなどの和食にもぴったりです。

「たっぷりと旨味を蓄え、もち米のような“もっちり感”も楽しめるミルキークイーンを手塩にかけて育てました。ひとりでも多くの方に楽しんでいただきたいです」と姉崎さん。

そんなミルキークイーンならではの食べ方として姉崎さんが教えてくれたのは、他のお米、とくに少し古くなったお米にミルキークイーンを混ぜて炊くという方法。もとのお米にもっちり感が加わり、少し食味が落ちたお米でもおいしくたべられるそうです。



スマート農業で誰でもあんしんなお米作りを


スマート農業での米作りに挑戦している姉崎さんは、ドローンを用いて必要な箇所にだけ農薬を散布する「ピンポイント除草剤散布」を実施し、除草剤も大幅に削減しています。

「今までは病害虫を防ぐために農薬の全面散布を2回行っていましたが、1回に減らすことができました。生育後期に農薬散布をしなくて済んだので、残留農薬の心配もありません」

こうして作られたミルキークイーンは、「残留農薬不検出」を実現。誰でもあんしんして食べられるお米になっています。


姉崎農園がある新発田市は、農業従事者の減少と高齢化により、農地の集約化が進んでいる地域です。

「新しいことに挑戦して皆さんに喜ばれるお米を作ることで、農家が減りつつある新発田の農業を守って行く……。それが私の思いです」と語る姉崎さん。実は栽培が難しいミルキークイーンも作るのを止めていたそうですが、スマート米に取り組むに当たり、再度挑戦することにしたのだとか。

「新発田市のあんしん・安全、そしておいしいお米を楽しんでいただけるなら、それに勝る幸せはありません」。

姉崎さん渾身の作、新発田のミルキークイーンをぜひ一度食べてみてください。

■姉崎さんのスマート米「新発田 ミルキークイーン」購入はこちら
令和5年産 スマート米 新潟県新発田産 ミルキークイーン 無洗米玄米 (残留農薬不検出) 1.8kg


■毎日食べるお米だからこそ、より「あんしん」にこだわりませんか


毎日食べるお米は、子どもや家族みんなにあんしんな商品を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、AI・ドローンなどを利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。

玄米の状態で第三者機関の検査により「残留農薬不検出」と証明されたお米をお選びいただくことができます。

各地の人気銘柄から、あまり見かけない貴重な銘柄までラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

【特集】スマート米生産農家インタビュー
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 加藤拓
    加藤拓
    筑波大学大学院生命環境科学研究科にて博士課程を修了。在学時、火山噴火後に徐々に森が形成されていくにつれて土壌がどうやってできてくるのかについて研究し、修了後は茨城県農業総合センター農業研究所、帯広畜産大学での研究を経て、神戸大学、東京農業大学へ。農業を行う上で土壌をいかに科学的根拠に基づいて持続的に利用できるかに関心を持って研究を行っている。
  4. 大槻万須美
    大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  5. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
パックごはん定期便