ロボットトラクターはなぜ畑作で使えないのか──帯広畜産大学畜産学部 佐藤禎稔教授に聞く<後編>【特集・北の大地の挑戦 第9回】

前編ではロボットトラクター(以下、ロボトラ)がリバーシブルプラウとブームスプレイヤー、ポテトハーベスターに対応していないことを伝えた。

とはいえ人手不足が府県以上に深刻な北海道の農家にとって、ロボトラは喉から手が出るほど欲しい相棒に違いない。その要望に応えるためどんな研究や開発をしているのか。帯広畜産大学畜産学部の佐藤禎稔教授(大規模農業機械学)に続けて聞いた。

佐藤禎稔(さとう ただとし)
帯広畜産大学 畜産学部 教授

プラウの自動反転装置を開発

――畑作でもロボトラを使えるようにするため、どんな研究や開発をされていますか。

まず我々が手がけたのがリバーシブルプラウを自動で反転させることでした。現状のロボトラにはこの機能が付いていないんです。水田用に開発されているため、必要ないんですね。

そこで我々はロボトラにセンサーやマイコンなどを装備させました。ロボトラが枕地に達したら、リバーシブルプラウが自動的に持ち上がるので、その動きをセンサーで感知して、自動で反転させるようになっています。実証試験では20インチ3連のリバーシブルプラウで成功しました。自動反転は10秒でできましたね。その動作を見た農家からは「スムーズでいいね」と評価してもらっています。これはおそらく世界初の成果で、農林水産技術会議の「2018年農業技術10大ニュース」に選ばれています。

光センサーでブームと作物までの高さを検知

――ブームスプレイヤーではブームの高さを調整できないのが問題ということでしたね。

これが一番ハードルが高かった。畑が平らでないと、ブームの高さが変わってしまう。そうなると、散布した農薬の量に濃淡が出たり、ドリフト(飛散)が発生したりします。だからブームの高さを制御しないといけない。通常のトラクターであれば人が手動でそれをこなしますが、ロボトラにはその機能がないんですね。


じつは30年前に超音波センサーを装置をブームに取り付けて、対象物との距離感を感知し、ブームの高さを調整する装置を作ったことがあるんです。ただ、当時は早過ぎて、商品化までには至りませんでした。今回は再挑戦ということで、光センサーを備えた制御盤を作りました。これをブームの要所に取り付けると、走行中に地面との距離を検知しながら、高低差が生じないように制御してくれます。実証試験では問題なく散布できました。これもおそらく世界初の成果でしょう。


自動化で農作業事故の撲滅と労働投下量の4割削減を

――ロボトラのもう一つの問題としては、牽引バックが難しいことと回り込みの作業パスがないということです。このため、現状のロボトラでポテトハーベスターを牽引して収穫作業を行うことはできません。

ポテトハーベスターは枕地に到達したら、バックしては少しハンドルを切って前進するということを繰り返しながら旋回するんです。しかし、ロボトラはバックできないから、これができないんですね。ただ、いまはまだ詳細を言えませんが、ある手法を使えばバックをしなくても、全面収穫ができることに気づきました。このほど実証試験をしたところ、まったく問題なく圃場全面を無事に収穫することに成功しました。

ロボトラならオペレーターの必要がない、これは農作業事故を減らすという意味でも大きいことです。というのもポテトハーベスターは走行中にオペレーターが畑に降りることがあり、その際に車体に轢かれる事故が後を絶たないんですよ。そうした事故をなくすためにもロボトラに期待するところは大きいんです。

我々はばれいしょの作業体系を一貫して自動化したいと思っています。そのためにポテトプランターメーカーでは欠株を自動的に補給する装置の製品化も進めています。それから培土も高精度にできるようにしています。実証試験では狙ったラインから数cmずれたので、もう少し精度を上げたいと思っていますが、農家さんからはうまく培土ができている状況だと褒めていただいています。いずれにしても、一連の自動化で作業者の労働時間を4割削減することが目標ですね。


ロボトラを巡っては夢や可能性ばかりが話題になる一方で、こうした現実的な話は知られていないのではないか。アグリテックを取材してきた身として自省の念にかられる。それと同時に、ロボトラを現実のものとするため、抜け落ちた技術をすくい上げ、実用に持っていこうとする佐藤教授の熱意には心から敬意を払いたい。


【特集】北の大地の挑戦~スマート農業の先進地にみる可能性と課題
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。