地力にムラがある十勝地方で、可変施肥により肥料削減&収量アップ【特集・北の大地の挑戦 第1回】

頭の中で計算していささか驚いた。北海道鹿追町の西上経営組合は“その技術”を導入したことで、栽培面積が50haのてんさい(ビート)で肥料代を400万円以上減らせたことになるからだ。収量が増えたことも含めれば、経済効果は軽く500万円を越えることになる。

その技術、つまり「可変施肥」とはどういう内容で、どんな効果が期待できるのか。十勝地方の関係者を訪ねた。


十勝地方は畑の地力がまばら

「農業・環境・まちづくり」をテーマに総合コンサルタントとして多角的な事業を展開している株式会社ズコーシャ(帯広市)。本社2階にある会議室でアグリ&エナジー推進室の横堀潤室長(農学博士)が可変施肥について紹介してくれた。


北海道の農業経営の大規模化は、周囲の離農とともに、これからその勢いに拍車がかかることが予想されている。残る農家が放出されてくる農地の受け皿になるとして、気にしたいことの一つとしてあげられるのは、栽培管理が行き届くのかどうかである。農地一枚ごとでも地力にはムラがある。道内のように一枚の面積が大きければなおさらだ。

そこで注目されているのが、地力のムラを踏まえて量を微妙に調整しながら肥料を散布する「可変施肥」なのだ。

「特に十勝地方は地力のムラが多い」。そう言って横堀室長が見せてくれたのは、何も植えていない畑を上空から撮影した写真。土の色が黒と茶でまだら模様になっている。


「これが十勝の土なんです。火山灰土と赤土が混ざっているのが特徴。色がまばらになっているのは、地力にムラがあることを示しているんですね」

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【特集】北の大地の挑戦~スマート農業の先進地にみる可能性と課題
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。