9年かけて誕生した石川県のお米「ひゃくまん穀」とは?【お米の銘柄紹介】

みなさんは家庭で食べるお米にこだわっていますか? いつも何となく買っている……という方も多いのではないでしょうか。

しかし今や、お米の銘柄数はなんと300を超えます。よく知られているコシヒカリやあきたこまち以外にも、最近はスーパーやテレビCMでも特徴的な名前のブランド米を見かけるようになりました。

お米の品種それぞれの特徴を知って、もっと毎日の食事を楽しみませんか? ここでは、おすすめのお米の銘柄をピックアップし、その特徴を紹介していきます。

今回取り上げるのは、石川県産「ひゃくまん穀」です。


石川県産「ひゃくまん穀」とは?


9年かけて生まれた石川県のオリジナル米


日本有数のお米の産地である北陸地方に位置し、自然公園として保全されている能登半島や、広大なブナの原生林が残る白山連峰がそびえる石川県。そんなお米づくりに適した自然あふれる土地で、9年かけて開発・誕生したのが「ひゃくまん穀」です。

2017年にデビューした新しいお米で、“加賀百万石”で知られる石川県のお米であることが伝わるように「ひゃくまん穀」と命名されました。

農家にも消費者にもうれしいお米


広く愛されるお米とするため、石川県全域の生産者が集まり「ひゃくまん穀生産者部会」を設立。地域に合った作り方などの情報共有や技術の探求で、消費者においしい「ひゃくまん穀」を届けています。

また、「ひゃくまん穀」は晩生品種なためコシヒカリよりゆっくり育ち、農作業が分散できるなど農家にとってうれしい面もあります。

石川県産「ひゃくまん穀」の味とおすすめの食べ方


出典:石川のお米、石川のごはん「ひゃくまん穀」 | ひゃくまん穀 - JA全農いしかわ
「ひゃくまん穀」のもっとも大きな特徴は、お米の粒ひとつひとつが大きく、食べ応えがあること。コシヒカリと比べて粒の重さは1.2倍、粒の長さは1.1倍だそう。食べ盛りのお子さんがいるご家庭にぴったりです。また、粘りが強くもっちりとしており、お米自体の旨みを味わえます。

冷めても硬さや粘りに変化が少なく、おいしさが損なわれないので、お弁当やおにぎりにおすすめ。炊飯の際は通常よりやや少なめの水加減にするとおいしく炊き上がるそう。

おすすめの料理
・おにぎり、お弁当
・カレーライス

おうち時間が増えた今こそ、いつもとは違うお米を選んで食事を楽しみたいですね。石川県産「ひゃくまん穀」をぜひ食べてみてください。

石川県産「ひゃくまん穀」はどこで買える? おすすめの産地は?


「ひゃくまん穀」は石川県外では中々見かけないため、通販サイトで購入するのがいいでしょう。

●家族みんなにあんしんなスマート米「能登 ひゃくまん穀」

スマート米2022(R3年度産米)スマート米 石川県産 ひゃくまんごく 1.8kg

農薬を最小限に抑えたあんしん・安全でおいしいお米なら、「スマート米」オンラインショップSMART AGRI FOOD より販売中の能登半島で作られた「能登 ひゃくまん穀」がおすすめです。

「スマート米」とは、全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業を活用してつくっているお米。先進のIT技術を利用し、農薬や化学肥料の使用量を最小限に抑えて育てています。

2021年度産スマート米「能登 ひゃくまん穀」を作っているのは、株式会社ゆめうららの裏貴大さん。ゆめうららの水田は、「米・食味鑑定士協会」の「環境特A地区」認定を受けており、水質や生物の生息の調査を経て安全性が証明されています。家族みんなにあんしんなお米ですね。

昼夜の寒暖差や豊かな土壌、清らかな雪解け水と、おいしいお米が育つ好条件がそろった能登半島からお届けします。

スマート米「能登 ひゃくまん穀」の購入は、スマート米オンラインショップSMART AGRI FOODよりどうぞ。

■せっかく新米を選ぶなら「あんしん」にこだわりませんか


今年の新米は、どの産地のどんな銘柄のお米を選びますか? お米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイントです。農薬や化学肥料の使用量を抑えて育てられた、子どもや家族みんなにあんしんなお米を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米、白米と同じように手軽に炊けると人気の「無洗米玄米」もそろっています。

おなじみのコシヒカリから、ご当地で人気の銘柄までをラインナップ。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。