「コシヒカリ」ってどんなお米? 特徴や産地のおすすめは?【お米の銘柄紹介】

みなさんは家庭で食べるお米にこだわっていますか? いつも何となく買っている……という方も多いのではないでしょうか。

しかし今や、お米の銘柄数はなんと300を超えます。よく知られているコシヒカリやあきたこまち以外にも、最近はスーパーやテレビCMでも特徴的な名前のブランド米を見かけるようになりました。

お米の品種それぞれの特徴を知って、もっと毎日の食事を楽しみませんか? ここでは、おすすめのお米の銘柄をピックアップし、その特徴を紹介していきます。

今回取り上げるのは、言わずと知れたお米の王様「コシヒカリ」です。


「コシヒカリ」とは?


“おいしいお米”を目指して誕生


北海道と沖縄を除く全国で作られている「コシヒカリ」。お米の品種別作付状況も2位のひとめぼれに大差をつけてトップとなっています。

「コシヒカリ」の歴史は戦時下の1944年に始まります。新潟県で「農林22号」と「農林1号」の交配が行われました。病気に強い「農林22号」と収量が多く食味に優れた「農林1号」、両方の特徴を合わせ持つ品種の開発が目的でした。

有望な系統の一部が福井県の試験場に引き継がれ、「越南17号」として全国各地で栽培試験が行われます。しかし、味はおいしいものの、病気に弱いことや稲が倒れやすいことが欠点でした。

そんな中、1965年に新潟県が全国に先駆け奨励品種として採用。多収米が求められる時代であったにもかかわらず、品質や食味などを重視した“おいしいお米づくり”を第一に考えてのことでした。

「越南17号」は農林100号として品種登録され、新品種「コシヒカリ」が誕生。倒れやすさなどの欠点を克服するための工夫が続けられ、次第に全国に普及していきました。

名前の由来


「コシヒカリ」は、越の国(=北陸)に光り輝く品種になることをイメージして命名されました。

コシヒカリと何が違う? 「コシヒカリBL」とは


コシヒカリに病気に強い品種を掛け合わせて生まれた「コシヒカリBL」という品種があります。

従来のコシヒカリよりも農薬を減らせるため、新潟県では環境や安全に配慮し、県内に「コシヒカリBL」を一斉導入。品質や食味は従来のコシヒカリ同等なため、コシヒカリBLも「コシヒカリ」として販売しています。

「コシヒカリ」の味とおすすめの食べ方


コシヒカリの魅力は何といっても甘みともっちりとした粘り。炊きあがりのつやと香りが良く、うま味も強いので、そのままでもおいしくいただけます。

料理では、あっさりとした和食との相性は抜群。お米自体のおいしさを味わうなら、お漬物などご飯のお供がおすすめです。

おすすめの料理
・和食
・ご飯のお供

「コシヒカリ」おすすめの産地3選


ここでは、テクノロジーを活用して栽培したあんしん安全なお米「スマート米」のラインナップからおすすめの産地を紹介します。

「スマート米」とは、全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業を活用してつくっているお米。先進のIT技術を利用し、農薬や化学肥料の使用量を最小限に抑えて育てています。

全国的に作られているコシヒカリの産地選びの参考にしてみてください。

1.兵庫県・丹波篠山産コシヒカリ


魚沼産と並び称されるブランドである丹波篠山産のコシヒカリ。篠山市は、昼夜の寒暖差が大きい盆地特有の気候により、甘みと粘り気を持つ理想的なコシヒカリが生まれます。粒ひとつひとつの大きさも魅力です。

安全、安心で個性・特長がある県産食品を対象にしている「兵庫県認証食品」にも登録されています。

食味テストでも新潟・魚沼産と変わらないほどの味わいの強さで、炊きたてはもちろん、冷めてからもおいしくいただけます。

●おすすめ商品
スマート米「兵庫県産 丹波篠山コシヒカリ」


▼購入はこちら
スマート米「兵庫県産 丹波篠山コシヒカリ」


2.福島県・白河産コシヒカリ


福島県の白河地方は、阿武隈川の清らかな水と昼夜の大きな寒暖差が生み出す良質なお米の産地として知られ、米の食味ランキングでも最高ランクの「特A」を獲得しています(福島県中通り産米として)。

コシヒカリならではの香り、美しいつや、食べ応えのあるもちもちとした食感と噛むほどに感じる甘みが特徴です。

●おすすめ商品
スマート米「福島県産 白河コシヒカリ」

▼購入はこちら
スマート米「福島県産 白河コシヒカリ」


3.石川県・奥能登産コシヒカリ


海に囲まれた傾斜地である能登半島は、新潟県魚沼市とほぼ同じ経度に位置し、肥沃な土地を持つ石川県一の米どころ。昼夜の寒暖差も1年を通じて大きく、いい米ができる条件が整った理想的な地域です。

●おすすめ商品
スマート米「石川県産 奥能登コシヒカリ」
スマート米の「石川県産 奥能登コシヒカリ」を栽培している圃場は、海に囲まれた傾斜地に位置しており、珪藻土が含まれているため、ミネラル分が豊富なお米が育ちます。

▼購入はこちら
スマート米「石川県産 奥能登コシヒカリ」

 

■せっかく新米を選ぶなら「あんしん」にこだわりませんか


今年の新米は、どの産地のどんな銘柄のお米を選びますか? お米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイントです。農薬や化学肥料の使用量を抑えて育てられた、子どもや家族みんなにあんしんなお米を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米、白米と同じように手軽に炊けると人気の「無洗米玄米」もそろっています。

おなじみのコシヒカリから、ご当地で人気の銘柄までをラインナップ。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便