青森でもっとも作られているブランド米「まっしぐら」は丼ものにぴったり!?【お米の銘柄紹介】

みなさんは家庭で食べるお米にこだわっていますか? いつも何となく買っている……という方も多いのではないでしょうか。

しかし今や、お米の銘柄数はなんと300を超えます。よく知られているコシヒカリやあきたこまち以外にも、最近はスーパーやテレビCMでも特徴的な名前のブランド米を見かけるようになりました。

お米の品種それぞれの特徴を知って、もっと毎日の食事を楽しみませんか? ここでは、おすすめのお米の銘柄をピックアップし、その特徴を紹介していきます。

今回取り上げるのは、青森県産「まっしぐら」です。


青森県産「まっしぐら」とは?


青森県の看板品種

本州の最北端に位置し、三方を海に囲まれ、世界遺産の白神山地や八甲田山など自然あふれる青森県。豊かな水と肥沃な大地に恵まれたお米の産地です。

そんな青森県で2006年に誕生したブランド米が「まっしぐら」です。青森の気候に合わせ、県内全域で栽培できるように開発されました。

青森では「青天の霹靂」や「つがるロマン」など、他にもおいしいお米が作られていますが、まっしぐらは県内での作付面積が最多。優れた食味と収量で、現在は青森県の看板品種として広く作られています。

食味・品質の追求にまっしぐらに、きまじめに農家が取り組んでいく気持ちを込めて「まっしぐら」と命名されました。

食味ランキングで特Aを獲得

日本穀物検定協会が毎年行っているお米の食味ランキング。2019年度は天候にも恵まれ、まっしぐら誕生以来初めての特A評価を獲得し、食味の良さが高く評価されています。

青森県産「まっしぐら」の味とおすすめの食べ方


粘り気が少なくあっさりとした味わいが特徴。くどくなく、おかずの味を引き立て、ツヤのある見た目の良さから外食チェーン店などでも採用されています。

しっかりとした粒感と適度な弾力で、食べ応えもあるため、カレーや丼ものと相性バッチリ! べチャっとなりにくく、おいしくいただけます。

おすすめの料理
・カレー
・丼もの

青森県産「まっしぐら」どこで買える?


青森県産「まっしぐら」を確実に購入するには、お米の通販サイトを利用するのが良いでしょう。

農薬を最小限に抑えた安心でおいしいお米なら、スマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD より販売中の、青森県黒石市でつくられた「黒石 まっしぐら」がおすすめです。

スマート米2022(21年度産米)スマート米 黒石 青森県産 まっしぐら 1.8kg 残留農薬不検出

「スマート米」とは、全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業を活用してつくっているお米。先進のIT技術を利用し、農薬や化学肥料の使用量を最小限に抑えて育てています。

スマート米の「黒石 まっしぐら」は、ドローンをフル活用して減農薬を実現。第三者機関による検査で「残留農薬不検出」とされたお米なので安心です。

産地の黒石市は、南八甲田山の裾野に位置するため、雪解け水が豊富で青森県有数の米どころでもあります。

スマート米「黒石 まっしぐら」の購入は、スマート米オンラインショップ SMART AGRI FOODよりどうぞ。

■せっかく新米を選ぶなら「あんしん」にこだわりませんか


今年の新米は、どの産地のどんな銘柄のお米を選びますか? お米を選ぶときは、自分好みの味わいだけでなく“栽培方法”も大事なポイントです。農薬や化学肥料の使用量を抑えて育てられた、子どもや家族みんなにあんしんなお米を選びたいですね。

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬の使用量を最小限に抑えたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米、白米と同じように手軽に炊けると人気の「無洗米玄米」もそろっています。

おなじみのコシヒカリから、ご当地で人気の銘柄までをラインナップ。

お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。