おうちで簡単!炊飯器でつくる「玄米甘酒」【ごはんソムリエの玄米アレンジレシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

おうちで簡単にできる「玄米甘酒」


一時は売り場からなくなるほど盛り上がっていた「甘酒ブーム」。飲む点滴とも言われる甘酒には、必須アミノ酸、ビタミンB群、オリゴ糖、抗酸化物質が含まれ、美肌効果や疲労回復、便秘解消が期待できます。お店でも多くの商品が並ぶようになりましたが、ご自宅でも簡単に作ることができるんです。

今回ご紹介するのは、玄米と米こうじを発酵させて作る「玄米甘酒」。ノンアルコールなので、妊婦さんやお子様が飲めるのも良いところ。うちの子どもたちはきな粉と牛乳を加えた「甘酒きなこオレ」を楽しんでいます。

私は小腹が空いた時に温かくしたものを飲んだり、きなこをたっぷりかけたものをスイーツとしてコーヒーのお供にいただいたり。玄米のつぶつぶ食感が満足感を増してくれます。

そして、飲むだけではなく、とんかつ用のお肉やとりもも肉にもみ込んで焼くと、とっても柔らかく仕上がります。さばの味噌煮の時にお砂糖代わりに加えたり、アレンジもいろいろ。”美味しくて体にいい”って最高です!

「玄米甘酒」の作り方


<材料と道具>
・玄米ごはん(炊いたもの):300g
・乾燥米こうじ:250g
・湯(70〜80度):500ml
・炊飯器
・清潔なふきん(キッチンペーパーでも可)
・あればボウル(炊飯釜で直接作っても構いません)
・あれば温度計

1.お湯を沸かし70〜80度にする。玄米ごはんはボウルに入れ、米こうじは手でほぐしておく。

お湯の温度は、写真のように小さな気泡が鍋底に出来てくるのが70度、その気泡が少しずつ上がってくるのが80度の目安になります。
※冷凍ごはんを使う場合には解凍してからボウルに入れてください。

2.玄米を入れたボウルに湯を加えて混ぜる。

できれば、温度を測りながら混ぜましょう。

3.60度になったら米こうじを加え、固まりが残らないように混ぜ合わせる。



4.炊飯器に移し、ふきんをのせて保温のスイッチを入れる。温度が低い場合には鍋の蓋などをのせて調整し、55〜60度の温度で6〜8時間保温する。



5.5時間を超えた頃から甘酒の甘い香りがしてくるので、途中でかき混ぜる。


6.写真のようにトロミがついてきたら味をみて、甘みがしっかり出ていれば完成。清潔な容器に入れて保存する。


冷蔵庫で2週間、冷凍で3カ月の保存が可能です。

出来上がりの味わいについて


酵素が最も活発に働くのが55〜60度の温度帯です。活発に働けば甘みが増します。甘みが少ない場合には温度管理を見直してください。
また、仕込みの水分を多くしすぎると酸味が出やすくなるので、出来上がった甘酒をお好みの濃さに調整して召し上がるようにしてください。

自宅で簡単に作れる「玄米甘酒」、この冬にぜひお試しください。



■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

【コラム】ごはんソムリエの玄米レシピ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。