トロっとチーズ入り「玄米ライスコロッケ」【ごはんソムリエの玄米レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載では、お米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

「玄米ライスコロッケ」と「レンチントマトソース」


私は玄米と白米の両方を食べているので、その日に食べる分以外のごはんは冷凍保存しています。冷凍庫に玄米ごはんがポツンと1つ残ることもあるので、そんな時にはリメイク。刻んだハムやベーコン、チーズなどを入れて「ライスコロッケ」にすると、軽食やおつまみへと早変わりします。

お子様も好きな味と形状ですが、大人は中にカマンベールチーズを入れて、白ワインと合わせても美味しいですよ。残りご飯で一品、いかがでしょうか。

今回はライスコロッケに合わせる他、パスタやピザトーストなどにも使える、電子レンジでできる便利なトマトソースも一緒にご紹介しますね。

「玄米ライスコロッケ」の作り方


<材料(ライスボール8個分)>

・玄米ごはん:お茶碗1杯分(150g)
・ハム:2枚
・ケチャップ:大さじ1
・粉末ブイヨン:小さじ1/2
・卵:1個
・小麦粉(薄力粉):大さじ1
・パン粉(乾燥タイプ):適量
・揚げ油:フライパンに1〜2cm

1.ハムは細かく刻み、チーズは縦8等分に切ってキューブ状に折りたたむ。


2.温かい玄米ごはんにハム、ブイヨン、ケチャップを混ぜ合わせる。


3.大まかに8等分にした2にチーズを入れて丸くにぎる。



4.溶き卵に小麦粉(薄力粉)を加えてよく混ぜ、バッター液を作る。
卵のサイズにより小麦粉(薄力粉)を調整し、トロッとするくらいの濃度にしてください。


5.3のごはんを4のバッター液につけ、パン粉をつける。


6.ごはんを入れていたトレイにキッチンペーパーを敷いて、揚げ油の準備をする。


7.強めの中火で、途中転がしながら、表面がきつね色になるまで3分ほど揚げる。


8.トマトソースやバジルとともに皿に盛る。


「レンチントマトソース」の作り方


<材料(作りやすい分量)>
・トマト缶:1/2缶(200g)
・オリーブオイル:大さじ1
・おろしにんにく、砂糖:各小さじ1
・粉末ブイヨン:小さじ1/2

耐熱容器にすべての材料を入れ、ラップをして600Wの電子レンジで7分加熱してよく混ぜる。トマトソースにトロミがつき、うっすらオイルが浮けば完成です。

■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

【コラム】ごはんソムリエの玄米レシピ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。