玄米ごはんにぴったり!トロッと秋なすの麻婆茄子丼【玄米を楽しむレシピ】

料理研究家の秋元です。この連載では、玄米をおいしく食べるためのレシピ、そして“知っておくと役に立つ玄米のお話”をお伝えしています。

無理なく玄米を取り入れ、元気なカラダに

美味しいものを食べたい!でも太りたくない、お肌も気になる、体にいいものを食べたい!そう考えている方は多いと思います。何か1つ体に良い食材や食べ方がクローズアップされると、わーっと飛びつき、しばらくすると忘れてしまう。こういう経験、ありますよね?やはり準備に手間がかかったり、食べ飽きてしまうようなものは長続きしません。

玄米には体に良いことがたくさんありますが、難しいことは考えず、いつものメニューの中で「玄米と相性の良い献立の時には、白米を玄米に変えてみる」それくらい気軽な形で食生活を改善して行くと、とてもスムーズ。玄米はプチプチとした食感があるので、中華料理やエスニックとの相性は抜群です。

丼にしても汁気を吸わずごはんがベチャッとしないのも良いところ。今日はその特徴を実感できる、秋なすを使った「麻婆茄子丼」をご紹介したいと思います。

無洗米玄米でつくる秋なすの「麻婆茄子丼」


“なす”はお子様の嫌いな野菜ランキング上位にも登場していますが、食べやすい麻婆茄子から克服してみるのも良いかもしれません。ポイントは、なすをトロッと柔らかく仕上げることです。うちでは残った麻婆ソースの奪い合いをして、玄米ごはんにかけて食べています。たっぷりの生野菜を添えると、辛味の合間にモリモリ食べられますよ。

また、玄米は炊飯がラクな「無洗米玄米」を使いました。白米のように炊けるので簡単に玄米を楽しめます。
「無洗米玄米」の炊き方はこちらをご覧ください。
無洗米玄米だから炊飯器で簡単!鶏肉の炊き込みご飯【玄米を楽しむレシピ】

もちろん、普通の玄米でも美味しくいただけます。

「麻婆茄子丼」の作り方

<材料(2人分)>
・無洗米玄米ごはん(炊いたもの):適量
・なす:2本
・豚ひき肉:100g
・長ねぎ:1/4本
・豆板醤、おろし生姜、おろしにんにく:各小さじ1

A
・水:100ml
・酒、しょうゆ:各大さじ1
・砂糖:大さじ1/2
・中華スープの素、片栗粉、ごま油:各小さじ1

・サラダ油:大さじ2

1.長ねぎは粗みじん切り、なすは乱切りにする。Aを合わせておく。


2.フライパンに油を熱し、なすを加えて竹串が通るくらいまで中火で炒め、一旦取り出す。


3.そのままのフライパンにひき肉を加えて炒め、色が変わったら豆板醤、おろし生姜、おろしにんにくを加えて弱火でじっくり炒める。


4.A、なす、長ねぎを加え、トロミがつくまでかき混ぜながらしっかり煮る。



5.器に玄米ごはんを盛り、麻婆茄子をかける。


秋なすがおいしい季節。玄米との相性バッチリな「麻婆茄子丼」をぜひ作ってみてください!


■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

【コラム】ごはんソムリエの玄米レシピ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。