玄米ごはんにぴったり!トロッと秋なすの麻婆茄子丼【玄米を楽しむレシピ】

料理研究家の秋元です。この連載では、玄米をおいしく食べるためのレシピ、そして“知っておくと役に立つ玄米のお話”をお伝えしています。

無理なく玄米を取り入れ、元気なカラダに

美味しいものを食べたい!でも太りたくない、お肌も気になる、体にいいものを食べたい!そう考えている方は多いと思います。何か1つ体に良い食材や食べ方がクローズアップされると、わーっと飛びつき、しばらくすると忘れてしまう。こういう経験、ありますよね?やはり準備に手間がかかったり、食べ飽きてしまうようなものは長続きしません。

玄米には体に良いことがたくさんありますが、難しいことは考えず、いつものメニューの中で「玄米と相性の良い献立の時には、白米を玄米に変えてみる」それくらい気軽な形で食生活を改善して行くと、とてもスムーズ。玄米はプチプチとした食感があるので、中華料理やエスニックとの相性は抜群です。

丼にしても汁気を吸わずごはんがベチャッとしないのも良いところ。今日はその特徴を実感できる、秋なすを使った「麻婆茄子丼」をご紹介したいと思います。

無洗米玄米でつくる秋なすの「麻婆茄子丼」


“なす”はお子様の嫌いな野菜ランキング上位にも登場していますが、食べやすい麻婆茄子から克服してみるのも良いかもしれません。ポイントは、なすをトロッと柔らかく仕上げることです。うちでは残った麻婆ソースの奪い合いをして、玄米ごはんにかけて食べています。たっぷりの生野菜を添えると、辛味の合間にモリモリ食べられますよ。

また、玄米は炊飯がラクな「無洗米玄米」を使いました。白米のように炊けるので簡単に玄米を楽しめます。
「無洗米玄米」の炊き方はこちらをご覧ください。
無洗米玄米だから炊飯器で簡単!鶏肉の炊き込みご飯【玄米を楽しむレシピ】

もちろん、普通の玄米でも美味しくいただけます。

「麻婆茄子丼」の作り方

<材料(2人分)>
・無洗米玄米ごはん(炊いたもの):適量
・なす:2本
・豚ひき肉:100g
・長ねぎ:1/4本
・豆板醤、おろし生姜、おろしにんにく:各小さじ1

A
・水:100ml
・酒、しょうゆ:各大さじ1
・砂糖:大さじ1/2
・中華スープの素、片栗粉、ごま油:各小さじ1

・サラダ油:大さじ2

1.長ねぎは粗みじん切り、なすは乱切りにする。Aを合わせておく。


2.フライパンに油を熱し、なすを加えて竹串が通るくらいまで中火で炒め、一旦取り出す。


3.そのままのフライパンにひき肉を加えて炒め、色が変わったら豆板醤、おろし生姜、おろしにんにくを加えて弱火でじっくり炒める。


4.A、なす、長ねぎを加え、トロミがつくまでかき混ぜながらしっかり煮る。



5.器に玄米ごはんを盛り、麻婆茄子をかける。


秋なすがおいしい季節。玄米との相性バッチリな「麻婆茄子丼」をぜひ作ってみてください!

玄米食をはじめるなら、手軽に炊ける「無洗米玄米」がおすすめ!

無洗米玄米なら、面倒な浸水時間や水の量の調整が一切不要、白米とまったく同じように炊くことができて、栄養価は玄米とほぼ同じ。玄米食を始めてみたいけど、なかなか手が出せなかった方にもおすすめです。無洗米玄米がラインアップされている「スマート玄米」は残留農薬不検出の安全な玄米です。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。お好きな銘柄の玄米を選んでいただき、無洗米玄米を選択してください。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。