夏のお昼ごはんに!炊飯器で「玄米海老ピラフ」【ごはんソムリエの玄米レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載では玄米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

炊飯器にお任せ!「玄米海老ピラフ」


こう暑い日が続くと、キッチンに立つ時間もできるだけ減らしたいなぁと思いますよね。ついつい冷たい麺類を食べる機会が増えてしまいますが、調理をお任せできる炊飯器をうまく利用すれば、料理もグッと楽になります。

夏休みや休日の昼食は、ワンプレートに盛り付け、洗い物をできるだけ少なくするというのも疲れないコツです。炊飯器でピラフを炊いている間に、付け合わせのとうもろこしをレンジでチン、ベビーリーフを冷水でパリっとさせれば、あとは盛り付けるだけ!

ピラフは残ったら冷凍もできるので、多めに作って冷凍しておくと何もない日のお助けになりますよ。

「玄米海老ピラフ」の作り方


<材料(2〜3人分)>
・玄米:1合
・むき海老:100g
・たまねぎ:1/2個
・パプリカ:1/2個
・バター:10g
・顆粒ブイヨン:5〜6g
・水:200ml

付け合わせ
・ベビーリーフ、とうもろこしなどお好みのもの:適量


1.たまねぎは粗みじん切りにする。パプリカはへたと種を取り除き1cm角に切る。


2.フライパンにサラダ油を熱し、たまねぎを入れてさっと炒めた後、玄米、バターを加える。


3.玄米の表面が透き通ってくるまでさらに炒め、炊飯釜に入れる。


4.そのままのフライパンにサラダ油を足し、むき海老、パプリカを加え、海老の表面の色が変わるくらいまで炒める。


5.3に顆粒ブイヨンを入れ、1合線まで水を加えてかき混ぜる。


6.4の具材を上にのせ、早炊きで炊飯する。


付け合わせのとうもろこしは、ラップに包み600Wの電子レンジで4分加熱し輪切りにして、ベビーリーフと共に炊き上がったピラフに添える。


栄養豊富な玄米を使った海老ピラフ、この夏にぜひ作ってみてくださいね。

■残留農薬不検出で安心・白米と同じように炊ける「スマート米 玄米」

全国各地のこだわりの農家さんとお米づくりをしている「スマート米 玄米」は、残留農薬不検出で安心なお米。各地のおいしい品種の銘柄をラインナップしています。残留農薬不検出で玄米食も安心です。白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。