玄米でつくる和風ライスバーガー「玄米つくねバーガー」【ごはんソムリエの玄米レシピ】

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

栄養たっぷり「玄米つくねバーガー」


サラリーマンが会社帰りに食べる哀愁たっぷりのCMが流れたことで、知名度がさらに上がってきている「ごはんのハンバーガー」。玄米で作ると、軽食としても最適で、私は子どもたちの塾前ごはんに作ったりしています。

“おにぎり”や”おにぎらず”よりも、お肉や野菜をたっぷりはさめるのも良いところ。玄米ごはんを冷凍しておけば、つくねもレンジ調理でラクラク。

最近は100円ショップでも可愛いワックスペーパーがたくさん売っているので、包むのもオススメです。見た目のオシャレさだけでなく、具材がこぼれ落ちずに食べやすくなりますよ。

今回は、最後にワックスペーパーを使った「バーガー袋」の作り方もご紹介します。

「玄米つくねバーガー」の作り方

<材料(小4個分)>
・玄米ごはん:お茶碗2杯分
・片栗粉:大さじ2
・鶏ひき肉:200g
・たまねぎ:1/4個
・グリーンリーフ:1~2枚
・オイスターソース:小さじ1

たれ
・砂糖、白いりごま、日本酒、しょうゆ:各大さじ1

1.たまねぎはみじん切りにし、耐熱皿にのせてラップをする。600wで2分レンジ加熱する(調理後の耐熱皿はそのまま使います)。


2.ポリ袋に鶏ひき肉、片栗粉の半量、1の玉ねぎを入れ、よく混ぜ合わせる。


3.ビニールを開き、手に水をつけて4等分にする。


4.平たい丸型に成形して1の耐熱皿に並べ、たれを回しかけてラップをする。600wで6分レンジ加熱する。


5.玄米ごはんに残りの片栗粉を混ぜて8等分にし、ラップにはさんで平たくする。


6.フライパンにごま油(分量外)を薄くひき、ごはんを片面2分ずつ焼き、途中オイスターソースをスプーンなどでさっと塗る。


7.ごはんにグリーンリーフ、たれを馴染ませたつくねをのせてはさむ。


バーガー袋の作り方

<材料>
・ワックスペーパー
・マスキングテープ
※ワックスペーパーはオーブンシート、マスキングテープはセロテープでも代用可。

1.四角いワックスペーパーを半分に折る。


2.さらに半分に折り、折った部分をハサミで切る。


3.2で切った部分を5mmほど折り返して、マスキングテープでとめる。



おしゃれなバーガー袋で包めば、おうちでピクニック気分に♪ 子どもも楽しく食べられる玄米バーガー、ぜひ作ってみてください。


■残留農薬不検出で安心・白米と同じように炊ける「スマート玄米」

全国各地のこだわりの農家さんとお米づくりをしている「スマート玄米」は、残留農薬不検出で安心なお米。各地のおいしい品種の銘柄をラインナップしています。残留農薬不検出で玄米食も安心です。白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。