【おうち時間に作りたい玄米レシピ】「ホットプレート焼きカレー」

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

玄米で作る「ホットプレート焼きカレー」


新型コロナウイルスによる外出自粛で、皆さんストレスもたまっていることと思います。こんな中で思うのは、やはり「食べることは楽しみ」だということ。

今回は手をかけずに、作ることを楽しみながら、皆が美味しく食べられる、そんなお米を使ったレシピをご紹介したいと思います。

作りやすい分量でご紹介していますが、出来上がりの水分量などを写真で確認いただければ、計量しなくても作れます。洗い物も少なくなるようポリ袋やラップに材料を入れてみましたので、ご家族、お一人様でもぜひトライしてみてください。

「ホットプレート焼きカレー」の作り方


<材料(2〜3人分)>
玄米ごはん:お茶碗2杯分(300g)
・たまねぎ:1個
・にんじん:小1本
・なす:1〜2本
・ミニトマト:5個
・合挽き肉:100g
・カレールウ(フレークタイプ):100g※固形タイプを使用する場合は、手順6で火を弱めて溶かしてください。
・シュレッドチーズ:100g
・水:300ml
・サラダ油:適量
・あれば各種スパイス:適量

1.たまねぎ、にんじん、なすは7〜8mmの角切りにする。ミニトマトは半分に切る。


2.強火のホットプレートに油をひき、にんじん、たまねぎ、なすを順に加えながら炒める。



3.ひき肉、あればお好みのスパイスを加えて、肉に火が通るまで炒める。


4.水を加え、沸騰したらふたをして、弱めの中火で5分加熱する。


5.カレールウを加えて、混ぜながら溶かす。


6.玄米ごはんを加え、まんべんなくカレーと混ぜ合わせる。


7.シュレッドチーズ、ミニトマトをのせ、ふたをして2〜3分加熱する。



出来上がった後は、食べる分だけ少しずつ取り、玄米やチーズのおこげを作りながら“もんじゃ”のように楽しんで食べてみてください。大人はお酒もすすみますよ。

■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

【コラム】ごはんソムリエの玄米レシピ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。