【おうち時間に作りたい玄米レシピ】「ホットプレート焼きカレー」

料理研究家でごはんソムリエの秋元です。この連載ではお米をおいしく食べるために“知っておくと役に立つお話”やレシピをお伝えします。

玄米で作る「ホットプレート焼きカレー」


新型コロナウイルスによる外出自粛で、皆さんストレスもたまっていることと思います。こんな中で思うのは、やはり「食べることは楽しみ」だということ。

今回は手をかけずに、作ることを楽しみながら、皆が美味しく食べられる、そんなお米を使ったレシピをご紹介したいと思います。

作りやすい分量でご紹介していますが、出来上がりの水分量などを写真で確認いただければ、計量しなくても作れます。洗い物も少なくなるようポリ袋やラップに材料を入れてみましたので、ご家族、お一人様でもぜひトライしてみてください。

「ホットプレート焼きカレー」の作り方


<材料(2〜3人分)>

玄米ごはん:お茶碗2杯分(300g)
・たまねぎ:1個
・にんじん:小1本
・なす:1〜2本
・ミニトマト:5個
・合挽き肉:100g
・カレールウ(フレークタイプ):100g※固形タイプを使用する場合は、手順6で火を弱めて溶かしてください。
・シュレッドチーズ:100g
・水:300ml
・サラダ油:適量
・あれば各種スパイス:適量

1.たまねぎ、にんじん、なすは7〜8mmの角切りにする。ミニトマトは半分に切る。


2.強火のホットプレートに油をひき、にんじん、たまねぎ、なすを順に加えながら炒める。



3.ひき肉、あればお好みのスパイスを加えて、肉に火が通るまで炒める。


4.水を加え、沸騰したらふたをして、弱めの中火で5分加熱する。


5.カレールウを加えて、混ぜながら溶かす。


6.玄米ごはんを加え、まんべんなくカレーと混ぜ合わせる。


7.シュレッドチーズ、ミニトマトをのせ、ふたをして2〜3分加熱する。



出来上がった後は、食べる分だけ少しずつ取り、玄米やチーズのおこげを作りながら“もんじゃ”のように楽しんで食べてみてください。大人はお酒もすすみますよ。

■残留農薬不検出で安心・白米と同じように炊ける「スマート米 玄米」

全国各地のこだわりの農家さんとお米づくりをしている「スマート米 玄米」は、残留農薬不検出で安心なお米。各地のおいしい品種の銘柄をラインナップしています。残留農薬不検出で玄米食も安心です。白米と同じように炊ける無洗米玄米と、通常の玄米がラインナップ。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。