美肌をつくる「玄米ビビンバ」をホットプレートで簡単に【玄米を楽しむレシピ】

料理研究家の秋元です。この連載では、玄米をおいしく食べるためのレシピ、そして“知っておくと役に立つ玄米のお話”をお伝えしていきます。

簡単楽ちん!ホットプレートでつくる玄米ビビンバ

毎日これだけ暑いと、キッチンに立つ時間はなるべく減らしたい!食事は冷たい麺類でサッとすませた〜い!という気持ちになりますよね。しかし、強い紫外線を浴びたり、冷房の中に長時間いる今の季節、お肌は悲鳴をあげています。

今日はそんなお肌に必要な栄養素をたっぷり含みながら、電子レンジとホットプレートだけで簡単にできる「玄米ビビンバ」をご紹介したいと思います。


玄米にはお肌にいいビタミンEがたっぷり

玄米には、老化のもとになる過酸化脂質の生成を防ぎ、ハリとツヤのある美しい肌を目指す女性の強い味方になってくれる“ビタミンE”が含まれています。

そこに、皮膚や粘膜を健康に保つために必要な“ビタミンA”を含む「ほうれん草」「にんじん」、“ビタミンC”含有量では野菜No.1の「赤パプリカ」、良質なたんぱく質を含む「鶏肉」「卵」……これでもか!とお肌に良い食材をたっぷり乗せます。

ごま油をひいたホットプレートで玄米ごはんを焼くと、表面はカリッと仕上がり、ごま油の風味も加わるので、玄米が苦手な方でも美味しく召し上がっていただけますよ。

「玄米ビビンバ」の作り方

<材料(作りやすい分量)>
・玄米ごはん(炊いたもの):400g(お茶碗山盛り2杯)
・鶏こま切れ肉(親子丼用など):200g
・ほうれん草:1束(200g)
・赤パプリカ:1個(100g)
・にんじん:1/2本(100g)
・卵黄:1個分

A
・醤油、砂糖:各大さじ1
・ごま油、みりん:各小さじ1
・コチュジャン:小さじ1/2

B
・ごま油:大さじ1
・塩、おろしにんにく:各小さじ1/2
・こしょう:少々

・ごま油:適量

1.鶏肉はAの下味をもみ込み、焼く直前まで漬けておく。卵は卵黄と卵白に分けておく。(全卵のままでも構いません)


2.にんじん、パプリカは細切りにする。


3.耐熱ボウルに洗ったほうれん草、2のにんじんを入れ、ラップをして600Wの電子レンジで4分程加熱する。


4.にんじんは別のボウルに移し、ほうれん草は水にさらした後水気を絞り5cmの長さに切り、それぞれBを半量ずつ加えて和える。


5.ホットプレートを熱し、ごま油を適量ひきパプリカを炒め、塩少々をふって取り出す。そのまま1の鶏肉の汁気をきって炒め、取り出す。

6.ごま油適量を足し、玄米ごはんをホットプレート全体に広げ、上に具材を並べて卵黄を落とす。


最後は卵黄を崩し、残った鶏肉のつけ汁も回しかけ、豪快にかき混ぜて焼き付けながら召し上がってください!
辛いものがお好きな方は、是非コチュジャンや糸唐辛子を添えてくださいね。



■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

【コラム】ごはんソムリエの玄米レシピ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。