スマート農業には「よそ者、若者、馬鹿者」の参画が必須【渡邊智之のスマート農業コラム 第9回】

異業種の会社員が播種、育苗、施肥、定植、補植、除草、散布、追肥、収穫など一連の農作業を何度に渡り経験すると、回数をこなすことにより余裕が出て、視野が広がってくる。

そうなると異業種でコスト削減や効率化に日々取り組み、刷り込まれてきた経験から、“何か一つ作業を行うにしても、こうしたら早く終わるのではないか?”と自然に試行錯誤が始まる。


たとえば、“収穫する際にどちら側サイドから収穫を始めれば後で荷をつみやすいのか“とか、“ゴミが出る場面などではどこに集めれば後片付けが早く終わるか“、また作業するメンバーの得手不得手も見えてくるので、“役割分担において適材適所に配置する“といったことである。

次世代農業人(スマートファーマー)と筆者が呼ぶ農業組織の従業員は基本的に皆若く、このような改善提案を受け入れることができやすい体制である。したがって、快く様々なトライアルを実施でき、明確な効果があれば新しい取り組みがどんどん採用されていくのである。

このように、異業種の人間が農業現場の実作業に少し関わりあうだけで、多くの改善点を見出すことができる。

とはいえ、昔から「畑違い」という言葉が表す通り、土壌、環境、品目、品種が変わることによって、トライ&エラーの繰り返しであることには変わりはない。「匠」と呼ばれる農業生産者は、長年の経験と勘によって比較的失敗の可能性の低い次の一手を日々見出しているのである。

また、一口に「匠」と言っても分野別に様々な人材がおり、ゼネラリストとして俯瞰して「農作物生産というプロジェクト」をマネジメントする者、農業機械の運転技術が素晴らしい者、播種から育苗に知見を持ち多くの学者と対等に意見交換できる者などが、異業種からの採用も含めて適材適所で活躍できるようになれば、農業における生産性向上は、これだけで容易に実現可能となる。

このように、農業にイノベーションを起こし、次世代農業の時代を迎えるには、旧来からの農業生産手法を受け継いできた農業生産者だけではなかなか実現が難しいのである。

最大のリスクは天災よりもヒューマンエラー

「農業における最大のリスクは、収入が天候に左右されること」とほとんどの方が思われている。しかしながら「天候(自然災害)」は農業生産者が抱えているリスクの全体から見れば、重大度が一番高いわけではない。日本でも大規模な農業をされている匠の農業生産者は、「大規模になるとヒューマンエラーが一番のリスクだ」と話す。

農業生産者であればほとんどの方が入っている農業共済(略称:ノーサイ)というものがある。農業共済に加入していると、自然災害被害に遭った際に、ある程度補填される。もちろんのことながら、被害を受けたということは手を叩いて笑える状況ではないが、保険金が下りれば早期にリカバリーすることが可能になる。また、自然災害被害ということであれば、ビジネス上のステークホルダーの信頼を失うということもない。

しかし、今度は農業法人などで働く従業員に目を向けてみると、経験と勘に頼っている文化であり、それぞれの作業において、薬剤師の調剤のように複数の人間によってチェックする文化や機能といった体制がなく、いつヒューマンエラーによる災害(人的災害)が発生してもおかしくない状況で農業は営まれているのである。

大規模農業生産法人になればなるほど、匠の経験と勘による業務遂行が難しく、多くの従業員を雇うことになり、人的災害も発生しやすい環境になってくる。ここで有効なのは、他産業においては当たり前に実施されているPDCA(plan - do - check - act)サイクルを農業の世界でも行うということである。

ヒューマンエラーで多大な被害となる一番の原因は、「農薬の散布回数ミス」である。これも大規模になればなるほど発生率が高くなる。


なぜならば、大規模化により従業員を多く雇用しなければならなくなるからだ。従業員間の業務指示なども口頭での伝達が多いために、従業員が増えることによって間違って伝わるリスクも大きくなる。

たとえば、「農薬を散布する」という行為一つとっても、多くの圃場を所有し、多くの従業員を雇っている組織においては、ある圃場において前回散布を行った従業員と同じ従業員が散布するとは限らず、頭の中で数えていた散布回数のカウントに相違が発生する可能性が高く、散布回数や散布量においてミスが発生する可能性が増大する。結果的に散布回数や散布量オーバーしてしまうと、出荷不可能になる。

また、多くの圃場を所持するあまり、経験の浅い従業員が近隣の他の農業生産者の圃場へ農薬を散布してしまうというミス発生の可能性も捨てきれない。もし有機農業を営む農地に農薬を散布するようことがあれば大惨事であり、故意と判断されれば刑事事件になるリスクも秘めている。

こういった人的ミスについては、保険制度がまだ発達していないのが実情であり、「よそ者、若者、馬鹿者」である異業種の人間があらゆる知恵を絞って「スマート農業」を実践することにより、人的ミスを最小限にしていかなければならない。


【コラム】スマート農業コンサルタント・渡邊智之のスマートアグリコラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。