スマート農業で日本の農業の匠の技術を輸出【渡邊智之のスマート農業コラム 第6回】

過去に例を見ない日本の農産物の輸出総額

日本食は、「ヘルシーで美しくて美味しい」という理由で世界各国でブームになっている。その結果、海外において日本食レストランも爆発的に増加の一途をたどっている。それに加えて日本の食料品の輸出は現在9068億円程度(2018年実績、農林水産省調べ)と、2013年の時点では5505億円であったのでここ数年で倍増している。

もともと日本の生産物の海外需要(特にアジア)は十分にあったが、2013年6月14日 の日本再興戦略の閣議決定などにより国策として取り組みはじめた。その結果、多くの規制緩和がなされ、震災における福島の原発事故による風評被害を受け、国内需要は大幅な打撃を受けたにもかかわらず、食品関連の輸出額が年々過去にない伸びを示している。

政府は日本の食品の輸出総額目標として、当初2020年までに1兆円という目標を立てていたが、年々右肩上がりに増えている状況を見てそこまで待たずに達成しそうと判断し、「未来投資戦略2018-「Society 5.0」「データ駆動型社会」への変革-」(2018年6月15日)では2019年に前倒しするとして計画を見直した。前倒しで達成するということは、政府目標としてはかなり珍しいことであろう。



高品質な農産物の輸出、日本企業の海外進出が加速

今後、現在全体の1~2%ほどの事業収入5000万円以上の農業経営体が増加すれば、さらに輸出額を増やすことができると筆者は考えている。過剰になり生産調整されていた農業生産物を、今後人口が大幅に増加することにより、需要が増大する海外に輸出していくのである。

またその結果、高クオリティ・高付加価値で高価な農業生産物は、海外(特に富裕層の人口が日本の総人口程度存在していると言われている中国など)の富裕層に流れ、日本国民の大多数は海外からの輸入食材と大量生産にて生まれた安価な農業生産物を購入することになる。

同時に、国内農業企業は海外に生産拠点を設けるといった方向になっていくだろう。

結果的に、食・農業の農林水産業の世界でも空洞化が起こる可能性は大いに秘めていると筆者は考えている。これは日本経済が停滞しており、国民の節約手法の第一に食費が挙げられ、安心・安全よりも販売価格が消費者の選択の重要なファクターになっているという理由からも推定できる。


「日本産」ではなく「日本人が作るから」こその信頼と安全

「日本の農業生産物は、安心・安全」と各方面で表現されている。しかしながら「日本で作っているから安心・安全だ」という「イメージ」だけでは、海外からあらゆるチェックを通って入ってくる激安で比較的安心・安全な生産物に勝つことは難しいだろう。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。