農業が地域に果たす役割【地域づくり×農業ライター 藤本一志の就農コラム 第3回】

岡山県真庭市の兼業農家、藤本一志です。


5月、私の農場でもいよいよ農作業が始まりました。3回目となる今回からは、私の農場での作業の様子も交えながらお話しします。

今回は、農場のある私の生まれ育った地域の紹介と、農業が地域に果たす役割について考察していきます。


今年も米作りが始まった

私の農場のある岡山県岡山市の米作りのスタートは遅く、例年5月上旬です。この時期になると、トラクターが田んぼを耕す光景がちらほら見られるようになります。

私の家でも米作りが始まり、5月中旬には塩水選と種子消毒が行われました。

塩水選とは、米の種子を選別する作業です。種子を塩水に浸けて、浮かんだ種子を取り除き、沈んだ種子を播種用に分けます。

沈んだ種子の方が、胚乳と呼ばれる発芽から生育初期にかけて必要な栄養素を含む部分が多いため、発芽率が高くなります。良質な米を作るためには、まずは良質な種子選びから始めなくてはいけません。

塩水に沈んだ良質な種を洗う様子。塩分を落としている
塩水選を終えた種子は、いもち病やごま葉枯病などの病気の発生を防ぐために消毒をします。消毒の方法は、農薬の中に塩水選で分けた種子を24時間浸けこむというもの。

種子消毒の様子。農薬を混ぜ、水色になった液体に24時間浸ける
農薬を水に混ぜると水色になり、独特の臭いを放ちます。私は農薬に対しては「使ってもいい」というスタンスなので、特に抵抗はありません。しかし、使わないに越したことはないと思っているので、将来的には農薬を使わないで消毒する技術を導入したいと考えています。

消毒を終えた種子は乾燥させ、播種します。播種は5月下旬に行うので、その様子は次回にご紹介したいと思います。


農業をするために造られた私の故郷


ここで、私の農場がある地域、すなわち私の故郷について紹介したいと思います。

私の故郷は岡山県岡山市の興除(こうじょ)と呼ばれる地域です。ここら一帯は岡山県の中でも田んぼ1筆あたりの面積が特に大きく、用水路の区画整備が細かくされています。

興除地区を含む岡山平野一帯は、元々遠浅の海でした。中世以降、新田開発のために大規模な干拓事業が始まり、なんと昭和の時代まで、干拓は続きました。この長きにわたる干拓事業の中で生まれたのが、私の故郷である興除地区です。

干拓事業の中で水田の区画整備や、水の確保のための用水路の整備が行われました。その結果、興除地区をはじめとする干拓地は、岡山県を代表する稲作地帯となったのです。

用水路の様子。大小さまざまな用水路が網目状に整備されている。

農業が地域に果たす役割は「つなぐこと」

農業をするために干拓してできた興除地区ですが、そこで暮らす人々は時代の流れの中で、さまざまに農業の形態を変化させてきました。

干拓が終わった江戸時代後期から明治時代にかけては、当時一般的であった「農民」が多かったようです。時代が流れ高度経済成長期を迎えると、大規模に農地を集積した専業農家と、自分の土地で農業をしつつ働きに出る兼業農家に分かれはじめます。

おそらく、日本の稲作農家の形態の、最も一般的な変遷を遂げてきた地域だと考えられます。現在では専業農家への農地集積が進んではいるものの、未だに多くの兼業農家が存在します。

農業の形は変わっても、稲作という根本の部分はブレずに、先人から受け継がれてきたのが、今の興除地区の姿です。

なぜ、稲作という軸がぶれなかったのか。

それは、この地域で稲作をすることで、「生きていけるから」だと私は考えます。

当たり前のことのように思えますが、これは非常に重要なことではないでしょうか。

よく、「この地域は○○の栽培が盛んです」といったことを耳にします。どうしてその作物が盛んなのか。それは、その地域が栽培に適した環境であり、その作物を栽培することで収入が得られ、生活ができるからです。

農業で生活ができることがわかれば、当然農業を始める人が増えますし、さらには次の世代も農業に従事しようとする流れができます。そして、代々農業が受け継がれ、その地域の風土が作られます。

農業はほかの産業と違い、天候や環境の変化に影響を受けるため、古くから地域固有の祭りなどの文化が生まれました。五穀豊穣を祈り、収穫に感謝する。これは農業でしか味わえないことで、それが地域の文化として定着していきます。

このように、農業にはその地域での生活を支え、地域の文化や風土を次世代につなぐ役割があります。私はこれを、「農業の地域性」と呼んでいます。興除地区では、稲作をすることで生活が成り立ったため、形はさまざまですが、未だに多くの稲作農家が存在します。

農業を通して世代が継承され、地域が持続していきます。


兼業農家という生き方をつなぐ

稲作の盛んな興除地区の兼業農家に生まれ、農業、中でも稲作に興味を持って取り組んでいる私の役割は、兼業農家としての生き方を次世代につなげることではないかと考えています。地域づくりの活動を通してさまざまな経験をし、農業以外にも楽しみを多く持ったことにより、そのような考えが生まれたのだと思います。

「興除地区では、米を作って、他に1つ2つ仕事を持てば生活は保障され、楽しく生きていけるよ。」

次世代の子どもたちに、そんな姿を見せられれば、興除という地域を次につなげられるのではないか。農業は、世代を超えて受け継がれることで地域をつなぐ、そんな産業だと思うのです。

塩水選の終わった種子。今年も稲作が始まろうとしている。

【農家コラム】地域づくり×農業ライター 藤本一志の就農コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集