家族総出の苗床づくりで感じる農業の魅力【地域づくり×農業ライター 藤本一志の就農コラム 第4回】

岡山県真庭市の兼業農家、藤本一志です。


5月下旬になると、私の農地のある地域(岡山市)では、稲の播種作業が始まります。

全国的にみるとかなり遅い時期の播種作業ですが、これは岡山市では稲とビール麦の二毛作が行われているためです。私の家でも、私が小学生の頃までは麦を栽培していましたが、採算が合わないという理由から辞めてしまいました。

さて、今回は播種作業を通して感じる、私にとっての農業の魅力と、その魅力の生かし方について書いていこうと思います。


家族総出の播種作業


5月20日前後になると、私の家の近所ではいっせいに稲の播種が行われます。兼業農家の多い地区であるため、この季節の土日はどこの家も家族総出で、朝から晩まで播種作業に追われます。

私の家でも、例年通り播種作業を行いました。

稲の播種は、播種機と呼ばれる機械に苗箱を通し、苗箱の中に土と種を撒き、それを苗床に並べていきます。

奥の苗箱を真ん中にある播種機に通すことで、土と種が撒かれる
この作業は、とにかく人数が必要です。

まず必要なのは、苗箱を播種機に通す人です。何百枚という苗箱を、ひたすら播種機に通します。

続いて、土と種の補充係。前回のコラムの中で種子消毒された種は、ここで使われます。また、この役割を担う人は、ある程度苗床に苗箱が並んだら、農薬散布に向かいます。

そして、最後は播種された苗箱を運んで並べる人。重い苗箱を何百箱と運び、苗床に並べるという力仕事となるので、私が担当します。

これらの作業を家族6人で行い、播種、そして苗代を作ります。

昼過ぎまで苗箱を並べ、その後はトンネルを張ります。これは、種が無事に発芽して、田植えができるようになるまで大きく育てるため。風で飛ばないようにしっかり押さえて苗箱を覆えば、苗代に水を入れて作業終了です。

並んだ苗箱の様子。トンネル用の支柱を地面に刺す作業中
毎年5月20日を過ぎると、日中の気温が30度に達する日もあります。この日も暑く、夏といってもいいほどの突き刺すような日差しのある日でした。夏に向けて暑さで大変な日も多くなっていきますが、農業にはその大変さに勝るほどの魅力があると感じます。

農業の魅力は休憩時間に生まれるコミュニケーション


私が思う農業の魅力は、休憩時間のコミュニケーションです。

作業自体ももちろん楽しいですが、それ以上にみんなでいっせいに休憩をとって、コミュニケーションをとる時間に最も魅力を感じます。学生時代のアルバイトでこの魅力に気づけたから、今でも農業を続けているのだと思います。

私が学生時代に通っていた農家では、10時、12時、15時に休憩がありました。休憩時間はお茶やコーヒーを飲みながら、農家さんや他の学生アルバイト、時には農家さんの知り合いの方と、他愛もない話をして過ごしました。

他の仕事でもこのような休憩はあるかと思いますが、農業は、開放的な畑で休憩ができます。大きな空の下、自然に囲まれた畑は、気分も晴れやかににしてくれ、作業の疲れを忘れさせてくれます。

私は、地域づくりの活動を通して、人と話すことが大好きになりました。

ブドウ農家での休憩時間の様子。農家さんとその知り合い、同じ学生バイトと私というように、毎回さまざまな人とお会いしました
さまざまな人と、自然の中で話せる休憩時間は農業ならではのひとときです。それは初めて農業アルバイトに行った日から、今でも変わりません。


兼業農家の特性を生かして

  初回のコラムで、私が農業を始めようと思ったきっかけとなる出来事についてご紹介しました。

あの記事を書いているとき、私は「農業の現場をもっと多くの人に見てもらって、自分たちが食べているものがどのように作られているか知ってほしい」と痛烈に感じていました。

この思いを実現するために、私の兼業農家である強みが生かせるのではないかと考えています。

兼業農家として農業以外の仕事にも取り組んでいると、必然的に農業以外の人脈も広がります。私の場合、地域づくり活動を通して、多くの人と出会い、さらにSNSなどを通じて繋がることができました。

一口に「地域づくり活動」といっても、そこにはさまざまな人が関わっています。

公務員の方や自営で飲食業をされている方、観光に関わる方や、デザイナーやライターなどのクリエイター、そして学生。農業に関わりのある人もいれば、全く関わりのない人もいます。しかし、どの人も「地域を今よりもっと楽しくしよう」という、同じ志をもった仲間です。

このように、さまざまな業種に多くの仲間を持てることが、農業と地域づくり活動を兼業している私の強みではないかと思います。

また、出会った仲間には、私が農家であること、どのような思いを持って農業に取り組んでいるのか、ということも話しています。私の思いに共感してくださった方の中には、応援したいと実際に米を買ってくださった方もいます。また、年齢の近い方は、実際に私の農場に来て、作業を手伝ってくれました。

地域づくり活動を通して広がったつながりが、私を通して少しずつ農業とつながり始めています。

地域づくり活動を通してできた友人が、実際に作業を手伝いに来てくれました

誰もが農業にふれあえるように

昔は、どこの家庭も当たり前のように田んぼをもち、時期がくると家族総出で農作業に励んでいました。近所を見回しても、農家でないほうが珍しいくらいでした。

しかし、現在では日本の農業人口は、全人口のわずか3%。学校の中で、「自分の家は農家だ」というと、少しレア感が漂う時代です。

同時に、自分たちの食べているものが、「だれが、どのようにして作っているのか」ということを知らない人が多くなりました。その結果、農業や食に関するさまざまな問題が発生しています。

誰もが農業にふれあって、食という生きていくうえで最も大切なことを見つめ直す機会を、私の兼業農家という強みを生かして生み出せればいいなと思います。

完成した苗代。いよいよ田植えの季節がやってくる

【農家コラム】地域づくり×農業ライター 藤本一志の就農コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集