ドローン実演会への参加と新たな決意【藤本一志の就農コラム 第11回】

こんにちは。岡山県真庭市の兼業農家、藤本一志です。


前回の記事では、農薬について、現段階での私の考えを書かせていただきました。その中で、「ドローン」についても少し触れました。

「憧れはあるけど、昔ながらの作業で見られる景色が見られなくなるのは寂しい」と。

こんなことを書いていたら、たまたまドローンの実演会に参加する機会をいただきました。

そこで今回は、ドローンの実演会に参加したときの様子と、参加したことで芽生えた思い・考えについて記していこうと思います。


実は興味があったドローン


実際のところ、ドローンには以前から興味を持っていました。

2020年の8月まで実際に農薬散布の作業をしたことがなかったので、「田んぼの中に入るより、ドローンでやったほうがラク」だと思っていたのです。

しかし、操縦には資格が必要なこと、資格取得と機体の購入に多額の費用がかかるといった理由から、積極的に「欲しい! 」とは思っていませんでした。

また、ドローンが飛行しているところを見たことがなかったということも大きな理由です。完全に頭の中のイメージだけで考えていました。

田んぼの中に入って行う「昔ながらの農薬散布」でも、体力的には余裕がありますし、今すぐにドローンを導入する必要はないと思っていました。

しかし、実際にドローンの実演会に行くと、私の考えは大きく変わることになります。

前回紹介したわが家の農薬散布。人が田んぼに入って散布する

想像を超えた農業用ドローンの性能


私の住んでいる岡山県真庭市では、中山間地域でもスマート農機を導入することで、経営的に持続可能な農業を実現しようとする動きがあり、その取り組みを定期的に一般の農業者に公開する「真庭スマート農業塾」という会が開催されています。

ちょうど第2回が9月の初旬にあり、テーマが「ドローンの紹介と実演」でした。噂に聞いていたドローンを生で見られると思い、私はワクワクしながら参加してみることにしました。


実演会の会場に着くと、大小2台の農業用ドローンがお出迎えしてくれました。

どちらも想像以上に大きい。これでどうやって農薬を散布するのだろう?

第一印象はそんな感じです。

近寄ってよく見てみると、中央に白いタンクが付いていて、タンクからプロペラの方向に向かって、黒いホースが伸びているのがわかります。

初めて見るドローンを興味津々にのぞき込んでいると、ついに実演会の時間に。ドローンの説明があった後、飛行に移ります。

まずは飛び立つ前に、タンクやホースの中に残っている農薬を取り除くため、放水を行います。

タンクの中を水で満たし、コントローラーを操作すると……先ほど見ていたホースから放水が始まりました。初めて見るその光景に、私は思わず感動してしまいました。

そして、放水が終わったらいよいよ飛行へ。

「上がります」というかけ声とともに、スッとドローンが空中に浮かびます。そして、田んぼの上空でプロペラを回転させながらピタッと止まりました。

「何か操作しているのかな」と思いきや、メーカーの方はコントローラーを操作している様子はありません。どうやら、コントローラーを操作していないときは、ドローンが勝手にホバリングするように設計されているようです。

「賢いなぁ」と感心していると、ドローンが動き始めました。50aある田んぼを、あっという間に端まで飛行。そして、横にずれて戻ってきます。

その時間、わずか40秒。人間が田んぼに入って作業するよりはるかに早いです。

なんと、1haをわずか10分で終わらせるスピードで、私の田んぼの規模なら30分で終了。人が田んぼに入るやり方だと、私の場合は1haに30分~1時間ほどかかっていました。

移動時間やバッテリーの充電を考慮しても、ドローンを使えば作業時間を大幅に減らせることは間違いないでしょう。また、スピーディに農薬を散布するため、散布量も人が行う場合に比べて減少します。使う農薬の量が減るため、薄めるのに必要な水も減らすことができるでしょう。

実際に使ってみないとわかりませんが、農薬の使用量を減らせる可能性が感じられました。

このような性能と圧倒的なスピードから、私はすっかりドローンの虜になってしまいました。

ホバリングしたあと、ドローンは田んぼの端まで一気に飛行した。

ポイントは「空いた時間で何をするか? 」


しかし、いざドローンを導入しようと思っても、多額の費用が必要となります。

農業用ヘリコプターに比べれば安いですが、安いものを購入しても資格取得の費用とあわせて100万円は必要でしょう。

今回紹介されたドローンは200万円だったので、ある程度の性能を求めるのであれば田植え機やトラクター並みの金額が必要です。

しかし、実演会の中で1つ、重要なことに気づきました。

それは、ドローンの資格を持つことで、空いた時間で作業の請負ができるということ。

私の田んぼの周りでは、農薬散布の作業をJAや大規模専業農家さんに依頼して、代わりにやってもらっている方がいます。今はラジコンヘリコプターで行っていますが、今後はラジヘリより価格が安く、コンパクトで持ち運びのしやすいドローンに変化していくでしょう。

しかし、ドローンの資格を持つ人はまだまだ少数。そして「20代の若手」というジャンルで見ると、さらに少ないと考えられます。

これは、チャンスです。

農薬散布という作業は、田植えや稲刈りといった作業に比べると地味で面倒な作業です。

田植えや稲刈りの時は、家族総出、または近所で助け合って作業するでしょう。しかし、農薬散布を田植えなどのようにみんなで行うことはありません。でも、稲を無事に生育させるという点において、非常に重要な作業です。農業の担い手が減っている今、農薬散布はどんどん外注化が進んでいくと考えられます。

私たち家族もそうですが、農家は先祖から受け継いできた土地を、簡単に手放すということはしません。農作業が負担になっても、できない作業から徐々に外注化していくのです。

農薬散布も、その一つとなっていくでしょう。

私がドローンの資格を取得して機体を購入すれば、作業の請負ができるようになります。作業をする代わりに報酬をいただくという、簡単なビジネスも成り立ちます。

ドローン導入によって空いた時間で、ほかの農家さんをサポートするのです。

今までは「ドローンを購入すること」が目的でした。しかし、実演会に参加したことで、「ドローンを使って空いた時間で何をするか? 」ということを考えるようになりました。

「購入するには○○円必要で」という考えから、「1ha=○○円で請負うと、〇〇haで回収できる」という、経営的な考えへと変化しました。


資格をとってほかの農家さんをサポートしたい

私の好きな、金色の稲穂。この風景を次世代につなげたい
経営的なことも大切ですが、私は、自分が稲作に取り組むことで、私の大好きな「金色(こんじき)の稲穂が揺れる風景」を次世代につなぎたいと思っています。

そのためには、自分の田んぼも大切ですが、地域の田んぼも大切にしなくてはいけません。しかし、今は技術も経験も乏しいため、自分の田んぼで精一杯。

とても、「地域のため」と言えるほどの器は持ち合わせていません。

それでも、将来的には地域農業の担い手の1人として、稲作に関わっていきたいと考えています。

ドローンは、その入り口なのかもしれません。

私がドローン操縦士になることで、ほかの農家さんの作業の一部を私がお手伝いする。

そうすることで、「面倒な作業は藤本がやってくれるから、田植えと稲刈りはがんばろう」と思ってもらえたらうれしいです。そうして、地域の農業が次世代につながっていけばいいなと思います。

風景をつなぐためにも、ドローン操縦士の資格を取得しようと決意したのでした。


【農家コラム】地域づくり×農業ライター 藤本一志の就農コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。