玄米の「びっくり炊き」に挑戦!無吸水・炊飯器で玄米を炊く(前編)

玄米の炊飯方法をインターネットで調べてみると、「吸水時間を長くとる」とか「鍋で炊く」と書かれているものが多く見つかります。

筆者はこれまで玄米食に興味が無かったわけではありませんが、「そんなに手間がかかるなら白米で良いわ」と、手を出してきませんでした。しかし、根気よく調べてみると「吸水させなくても炊ける」「炊飯器でも炊ける」という情報も出てくるではありませんか。

無吸水かつ炊飯器でも玄米を美味しく炊くことができるという情報は、本当なのでしょうか。実際に炊いて、確かめてみます!

無吸水で炊いてみる2種類の玄米を紹介

今回は特性の異なる2種類の玄米を使い、2種類の炊き方を試してみようと思います。

【A】新潟県産コシヒカリ玄米(特別栽培米)


こちらは筆者の家にあった一般的な玄米。米どころ新潟県の米農家から直接購入した玄米で、新潟県認証の特別栽培米、品種は「コシヒカリ」です。


脱穀後、色彩選別機によりゴミや傷みのある米粒が取り除かれた玄米。表面はなめらかでツヤがあります。

【B】青森県産まっしぐら無洗米玄米(残留農薬不検出)


もう1種類は「スマート米」です。

銘柄は青森県産「まっしぐら」。令和元年産米の食味ランキングで最高ランク「特A」の評価を得た銘柄であり、さらにこの「スマート米」は残留農薬不検出とのこと。

食味・安全性ともに新潟県産特別栽培コシヒカリに勝るとも劣らない経歴の持ち主です。


そして、今回のテーマである「無吸水かつ炊飯器で炊く」という点において最も重要なのは、このお米が無洗米玄米ということ。


「無洗米玄米」とは何かというと……こちらの写真をご覧ください。


米粒をよく見ると、さきほどの玄米とは様子が異なります。表面がガサガサで、たくさんの傷がついていますね。

これが「無洗米加工」の痕跡です。専用の機械を使って玄米表層の「ぬか層」に細かな傷をつけることで浸水しやすくなっているとのこと。まさに無吸水かつ炊飯器で炊くためにあるとも言える玄米なのです。

一般的な玄米と、無吸水炊きに最適化された無洗米玄米。手軽に美味しく炊けるのは、どちらの玄米なのでしょうか。

普通の玄米を「びっくり炊き(炊飯器バージョン)」で炊いてみる

それでは玄米を炊いてみましょう。まずは一般的な玄米代表の【A】新潟県産特別栽培コシヒカリ玄米から。

一般的な玄米を無吸水で炊飯する方法としては、秋田に伝わるといわれる「びっくり炊き」を採用しました。土鍋を使って炊くレシピが多くありますが、今回はごくごく一般的な炊飯器を使って炊いてみます。

1.玄米をはかり、洗う


玄米1合(156g)を量り、洗います。


玄米の洗い方はこちらの記事<栄養満点の玄米のふっくらおいしい炊き方~炊飯器・圧力鍋~>を参考にしました。

玄米表面に傷をつけ吸水しやすくすることを狙って、ざるの中に玄米を入れて泡立て器をつかってガシャガシャかき混ぜるのだとか。

今回は「手軽に美味しく炊ける」ことを最重視しているので、お米洗いはこの1回で終わりとします。

2.吸水時間を置かずに1回目の炊飯

玄米をザルにあげて水気を切り、あらかじめはかりにのせておいた炊飯器釜に移します。

水加減は、玄米1に対して水が1.1を超える程度に調整します。炊き上がりの好みで水分量は変わりますので、何度か試しながら自分に合った水分量を探してみてください。


今回使用している玄米は1合156gですので、玄米とお水の総重量が328gになるように調整しました。
計算式は【156g×1.1+156g=327.6g】です。

炊飯器に釜をセットし、早炊きモードで1回目の炊飯スタート。


3.びっくり水を足して2回目の炊飯

炊けるのを待つ間に、2回目の炊飯に使う「びっくり水」を準備しておきます。


びっくり水はお米と同量を用意。今回使用している玄米は1合156gですので、びっくり水も156g使用します。

30分ほどで1回目が炊き上がりました。


炊飯器のふたを開け、びっくり水を注ぎ入れてしゃもじで混ぜます。


再び早炊きモードで2回目の炊飯をスタートして、25分後、炊き上がりふたを開けると……


白米の炊き上がりよりもふっくら感やねばり感が少ないようにみえますが、少しつまんで味見すると炊けているようでしたので良しとします。

後編では、【B】無洗米玄米を白米と同様に炊き、両者を比較します。

【後編はこちらから!】

■新米もいよいよ登場、安心・おいしい「スマート米」

全国各地のこだわりの農家さんと、スマート農業でお米づくりをしている「スマート米」は、先進のIT技術を利用し、農薬や肥料の使用量を最小限に抑えて育てたお米です。特別栽培米や残留農薬不検出のお米も。各地のおいしい銘柄をラインナップしています。白米と同じように手軽に炊ける無洗米玄米もあります。お求めはスマート米オンラインショップ SMART AGRI FOOD  からどうぞ。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。