「TPP」が日本の農業に与える影響とは?

ニュースでもたびたび耳にする「TPP」。2018年5月25日に、衆議院本会議でその関連法案が可決された。いよいよ、TPPが日本でも動き出す。

TPPについては、ポジティブなものからネガティブなものまでさまざまな情報が錯綜している。TPPによって私たちの暮らし、そして日本の農業はどう変わるのか。ここではTPPが締結されるまでの過程を追いながら、今後の展望を考えてみたい。

TPPが目指す「新たな経済圏の構築」

TPPとは、「環太平洋パートナーシップ協定(Trans-Pacific Partnership Agreement)」の略称だ。その地域に属する国々の間で締結を目指す経済連携協定のことを指す。一言で言えば、TPP加盟国間での輸入関税を撤廃し、より自由に貿易を行えるようになる。


内閣官房ホームページによれば、TPPが実現することで、ヒト、モノ、資本、情報が自由に行き来するようになり、環太平洋地域を世界でもっとも豊かな地域にすることに資する、とされている。

たとえば、TPPの中ではデジタル・コンテンツへの関税賦課を禁止している。また、ソースコードの移転やサーバーの現地化要求を禁止し、協定を結んだ国々で情報を自由に流通できる環境を構築することが可能になる。農作物の輸出・輸入に関しても同様だ。

TPPが目指すのは、モノの関税以外にもさまざまな分野で自由化を進めるとともに、新たなルール作りを実現することだ。具体的には、サービス、投資、電子商取引、知的財産など幅広い分野に渡る。

2015年10月に開催されたアトランタ閣僚会合において大筋で合意しており、2016年2月にニュージーランドで署名された。また、日本は2017年1月に国内手続きの完了を寄託国であるニュージーランドに通報して、TPP協定を締結した。

こうした流れの一方で、世界最大の貿易大国・アメリカが2017年1月に離脱を表明。TPPの実効性に疑問を持つ声も上がっている。

日本をはじめ11カ国でTPP大筋合意へ。その経済効果は?

アメリカ離脱後、残りの11カ国でTPPの早期発効に向けて協議が行われた。そして、2018年3月、日本を含む11カ国の閣僚が署名して、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)が合意された。

TPPを締結したことによる経済効果はどのような試算が出ているのだろうか。外務省の資料によれば、実質GDPは約8兆円、労働供給は約46万人押し上げる効果があると言われている。

日本のGDPが約500兆円であることを考えると、その効果は限定的ではないかという疑問も残る。しかし、TPPは現在の枠組みだけで動くことは想定していないと思われる。外務省の資料で、TPPについて「自由で公正な21世紀型のルールを作っていく上で重要な一歩であり、米国や他のアジア太平洋諸国・地域に対する積極的なメッセージになる」と説明されているように、今後TPPへ参画する国や地域を増やしていきたいという狙いがあると推測できる。そういう意味では、11カ国の取り組みが成果を上げられるかどうかが、今後のTPPを大きく左右するのではないだろうか。

現状のTPPは日本の農家にどのような影響を与えるか

これからさまざまな分野で日本に影響を与えるであろうTPP。特に、その影響が大きいと考えられる分野が農業だ。

農林水産省の資料では、2019年の農林水産物・食品の輸出額を1兆円にすると目標が掲げられている。TPPをはじめ日EU経済連携協定(EPA)といった経済連携協定によって輸出先国の関税が撤廃され、日本の高品質な農林水産物などの輸出拡大を図ることができると述べられている。いわゆる「攻めの農業」をグローバルで実現しようという政府の大目標である。

しかし、関税が撤廃されるのは輸出先国だけではない。日本が他国から農林水産物を輸入する際にも、一部の品目を除いて関税をかけることができなくなる。安い外国産の農作物や、付加価値の高い農作物が日本に大量に入って来る可能性もある。日本の農業界ではこの点を指摘して、高齢化や担い手不足といった問題を抱えている日本の農業が、さらに打撃を受けるのではないかと懸念されている。ただし、米や小麦といったに関してはこれまでの税率を維持する重要5品目のような例もある。

TPPによって農業がどのように変化するか、国と農業界では大きく見方が分かれているのが実情だ。

アメリカの離脱の影響は? TPPのこれから

農業分野を見てわかるように、TPPは楽観的な見方と悲観的な見方が混在している状態だ。はっきり言えることは、実際にTPPが機能しないことには、その影響はわからないということだ。

さらに、今後気になるのはアメリカの動向だ。世界最大の貿易国であるアメリカが抜けたことで、TPP締結による経済効果はGDPベースで約6兆円減少し、雇用の面でも34万人も減っているという。報道ベースでは復帰の可能性もあると言われているが、アメリカの影響力を失うことで、TPPそのものの価値が今後問われることにもなるだろう。

一方で、アメリカが離脱したことで、TPP参加11カ国の中でもっともGDPが大きい国は日本になる。そうなると、日本が主導権を握って、今後のTPPを前進させることが可能になるかもしれない。TPPをうまく機能させれば、「一帯一路」政策で世界的な影響力を増している中国に対抗できる可能性もある。

農業はもちろん、様々な産業界にとって影響が大きいTPP。今後のTPPの動向に要注目だ。


<参考URL>
環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉 | 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/
TPP等政府対策本部
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/
環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000022863.pdf
TPPについて:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/kokusai/tpp/
林業・木材産業分野における TPP対策 - 農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tpp/pdf/hp_rinsan_zentai.pdf
TPPの日本農業への影響と今後の見通し - 農林中金総合研究所
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1601re4.pdf
総合的なTPP等関連政策大綱 - 農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/eu_epa/attach/pdf/index-11.pdf


スマートアグリフーズ直送便(スマ直)
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND