カメラ女子が地方で農業体験「農村カメラガールズ」ってなんだ?

農林漁業の生産の場である農山漁村から、若者が離れていっている。高度経済成長を契機に都市部が発展し、進学、就職、そして結婚と、若者の生活の拠点が都市部に移行したまま、各地域に戻ってこないことが増えたからだ。地方での雇用が振るわないことも要因のひとつであるが、いずれにせよ、農山漁村で一次産業に従事する中高年の高齢化が進む一方、地方で生活を営む人口の減少が止まらない。全国的に進む少子高齢化は、こうした地域に顕著に見られる。それを食い止める道筋のひとつとして、カメラ女子たちが立ち上がった。



農山漁村の自立発展のために

豊かな緑にあふれる農村や、美しい海に囲まれた漁村。日本の食を支えるこれら農山漁村の人口が激減しており、事業継承を担う若者も思うように現れないという、少子高齢化の厳しい現実に直面している。社会問題として顕在化して久しい少子高齢化は、都市部に先行して地域経済の低迷を招いており、早急の対策が求められている。

こうした問題に農林水産省としても取り組んでいる。同省では地方の人口減少対策として、移住や定住を促せるよう生活の基盤や産業づくりのための農村整備を進めている。具体的な数値目標としては、2020年度までに都市と農山漁村の交流人口を1450万人まで増加させ、地方の自立発展を目指すとしている。

そのための施策のひとつが、「農泊」の推進とジビエの拡大だ。農泊とは、日本古来の古民家などに宿泊しながら農山漁村で営まれている一次産業を体験するというもの。農泊推進の狙いは、地域の過疎化や空き家対策といった点がある一方で、日本の自然美を体験したいというインバウンド需要も見込んでいる。

一方、ジビエの拡大については、国内で続発するシカやイノシシといった動物による農作物への被害が深刻化していることを受けてのものだ。そもそもジビエとはフランス語で野生鳥獣肉のこと。これら「害獣」を捕獲するだけでなく、より豊かな食文化を形成する食材のひとつとして捉えようというものだ。

日本最大の女子カメラサークルとの連携

農泊の推進やジビエの拡大などによって、各地域の特色ある資源を活かしながら農村の活性化に力を入れていこうと、農水省は情報発信にも力を入れている。同省の公式SNSである農村振興局フェイスブックには各地の事例や各種の施策などの情報がアップされ、日々、農村の魅力が紹介されている。

そんな同省の取り組みに新たな試みが発表されたのは2018年3月29日のこと。「さらなる情報発信に向けた取組の一環」として、「農村カメラガールズ」との連携が発表された。


農村カメラガールズとは、2014年3月31日に結成されたカメラ好き女子が集うサークル「カメラガールズ」のなかから派生したグループ。カメラガールズは、カメラや写真を撮ることが好きという共通の想いをもった女性たちで構成されたサークルで、結成当初はわずか5人であったが、今日では約5400人もの会員を擁する日本最大のカメラ女子サークルとなっている。

カメラガールズの活動内容は、主に同じ趣味をもつ友達を作るということのほかに、写真を上手に撮りたいという向上心を満たすことや、まだ見ぬフォトジェニックな撮影場所を探索することなどさまざま。彼女たちは日光や京都、沖縄など、全国津々浦々で、その土地の美しい景色やガイドブックには掲載されていないような知られざる風景をファインダーに収めてきた。

そんな活動を続けるうち、彼女たちのなかから高まってきた声が、「もっと日本農村の魅力を発掘・発信していきたい」というものだった。豊かな自然に囲まれた農村の風景に魅了されたカメラ女子たちの声を受けて結成されたのが、“農村カメラガールズ”である。

農水省とカメラ女子との連携

農水省の発表によれば、農村カメラガールズとは次の2点で連携していくという。1つは、農村振興に取り組む地域の情報提供と農村カメラガールズによる訪問企画。特色のある資源を活用することで地域振興を意欲的に進めている農村の情報を、同省が農村カメラガールズに提供する。それを受けた農村カメラガールズが農村への訪問イベントを企画する。

もう1つは、農村振興局フェイスブックと農村カメラガールズのホームページによる相互の情報発信。訪問企画によって農村カメラガールズが撮影した写真や動画を同サークルのホームページに掲載する一方、農村振興局フェイスブックも情報発信の一翼を担う。それぞれのウェブ媒体が、訪問した農村の魅力を伝えるために連携する。


女性の視点で映し出された農村の風景

農村カメラガールズは今回の連携を通じて3つの目標を掲げている。1つは農村を訪れたカメラ女子が農村の魅力に触れたり、現地の人々と交流したりすることで、地方創生の意識をもつこと。2つ目は農村の魅力を写真を通して発掘し、それを発信していくことで農村の魅力を広く世の中に認識してもらい、農村の元気につなげていくこと。さらに、多くの人が実際に農村へ訪れてみたくなるような農村訪問ツアーを考案し、農村カメラガールズ以外の人へも広く発信すること。以上の3つである。

双方の連携による初めての活動は、岩手県遠野市で行われた。同地での農泊体験である。農泊体験をした農村カメラガールズによる作品は、公式ホームページや同省フェイスブックにさっそくアップされている。

活動レポートには、宿泊した農家での温かなもてなしの様子や、農家の暮らしのなかにあるフォトジェニックな風景などが、彼女たちなりの視点で映し出されている。全国からの情報を集約する農水省と、女性ならではの発想や視点、行動力で農村の新たな魅力を発掘・発信していこうという農村カメラガールズ。双方の連携が農山漁村の発展にどう活かされるか、今後も注目される。

<参考URL>
農林水産省農村振興局-Facebook
https://www.facebook.com/nouson.maff/
農山漁村の活性化:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/kasseika/
「農村カメラガールズ」との連携による農村の魅力発信に向けた取組について:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nousei/180329.html
カメラガールズ|カメラ女子の毎日をHAPPYに。
https://www.camera-girls.net/
カメラガールズ(Camera Girls)-Facebook
https://www.facebook.com/camera.girls.net/
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  2. 奥部諒
    東京大学大学院 学際情報学府 修士1年の奥部諒(おくべ・りょう)です。大学院ではプレゼンテーションをテーマに研究を行い、その傍らプレゼンテーションのコーチ、プレゼン関連製品のアンバサダーなどをしています。2018年より大学院を1年休学し、語学学習と企業インターンを行うために日本を離れています。また、プレゼン以外にもドローンの一次産業利用についての調査も企業とともに行っています。現在非常に注目されているドローンについて世界各国の規制や認識を現地で収集できればと思っています!また、同時に各国のドローンと食の関連性についても同様にシェアできればと思います。
  3. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  4. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!
  5. 大橋博之
    おおはしひろゆき。インタビューライター・編集者・ディレクター。インタビュー専門で執筆。趣味は散歩・人物撮影。URLhttps://garamon.jp.org/Twitterhttps://twitter.com/garamonmini

RECOMMEND