ユズの収穫は思ったよりも大変!【農家見習い・さわちんの「リアルタイム新規就農日記」第12回】

「SMART AGRI」をご覧のみなさん、こんにちは。さわちんと申します。

現在38歳で、妻と小学生の子ども2人の4人家族です。

前回は、ビニールハウスができるまでの作業について、お伝えしました。

骨が折れる作業が盛りだくさんで、農家さんは野菜作りだけでなく、大工さんのような作業も必要になるのだということを知りました。ますます農家さんへのリスペクトが止まらない今日この頃です。


いよいよ収穫の秋! ユズの収穫をご紹介します

さて、今回は収穫の秋! ということで、徳島県で盛んに栽培されているカンキツ「ユズ」の収穫について皆さんに知っていただこうと思います。

ユズといえば、鮮やかな黄色をした果実で、その独特な香りと爽やかな酸味が特徴です。冬至にはお風呂に入れて「柚子湯」を楽しむ方も多いのではないでしょうか。他にも果汁を搾ってお酒に入れたり(さわちん一番のオススメ! )、ゆず味噌を作って大根にあわせたりと、とっても美味しく食品としての魅力もたっぷり。

また、皮や種を利用したアロマオイルや、化粧品なども市販されており、「捨てる部分が無い果実」としても有名です。


そんなユズですが、皆さんの手にわたるまでにたくさんの苦労があることをご存知でしょうか。

さわちんの話は苦労話ばっかりだ! という方もいらっしゃるかもしれませんが、手に取ったときに、少しでいいので農家さんに「ありがとう」の気持ちを持ってもらえるとうれしいです。


スダチの比じゃない! ユズの鋭すぎるトゲ

まず、農家さんの共通認識として、ユズの苦労でぶっちぎりの第1位といえば、鋭いトゲ!  第7回の記事でスダチにはトゲがあって痛いとお伝えしましたが、ユズはその比じゃありません。実際にあった話で、ユズのトゲを踏んづけてしまい、ぶすっと刺さったトゲが足の中で折れ、病院で切開手術をした方もいるそう……。

それほどまでに鋭いトゲから自分の身を守るために、帽子をかぶり、溶接作業用の手袋と、釘の踏み抜き防止用に金属で作られた中敷きの靴で作業を行う方が多いです。

さらにこのトゲ、その鋭さゆえに果実を傷つけてしまうのです。

風で果実が揺れたときにブスッ、果実が大きくなるのを待ち構えていたようにブスッ。頑張って実らせた、自分の子どもである果実をトゲで串刺しにするなんて、ユズの木って何を考えてるんだろう……とつくづく思います。

果実に傷がついてしまうと、変色してしまったり、場合によっては腐ったりすることもあり、商品価値が著しく下がります。そのため、農家さんによっては、このトゲを一つずつ切ることで、果実に傷がつくことを防ぐという方も。ちなみにトゲは、大きい枝から小さい枝にいたるまでびっしりと生えていますので、自分がケガをしないように集中して作業を行います。


私も実家での収穫作業の際に、木に潜り込んで果実をとろうとしたときに、帽子にトゲがささったり、腕にとげがささったりして、イテッと思ったことが何度もあります。帰ってからお風呂の湯舟に浸かると、体中染みて痛かったことが思い出されます。


防除から収穫まで……手間がかかることを丁寧に

次の苦労といえば、防除作業ですね。写真のような鮮やかな黄色にするためには、黒点病、そうか病などの病気、サビダニ、チャノホコリダニ、訪花昆虫といった害虫から守ってあげる必要があります。そのため、収穫までの間に十数回の防除作業を行わなくてはいけません。

特に、梅雨明けから夏にかけての暑い時期に防除作業が集中します。防除作業の大変さについては、第6回の記事にてご紹介しましたが、それを十数回も!! 想像するだけで、汗が出てきます……。

最後の苦労はやっぱり収穫作業。先に記載したように鋭いトゲをよけながら、一つ一つハサミで収穫していきます。収穫の際にハサミで果実に傷をつけてしまうと、これまでの苦労が水の泡になってしまうので、まずは枝を長めに残して木から切りとります。


それから、ヘタの部分をできるだけ残さずに切りとります。


これを「2度切り」といいまして、ユズに限らずスダチやミカンといったカンキツの共通の切り方になります。

つまり果実の数の2倍ハサミを使うことになりますし、高い所は脚立に登ったり、それでも届かないところは高枝切りばさみを使ったり。ハサミで切り離したあと、収穫かごにしまうときも、できるだけ振動を与えないように、そっと置きます。果実を投げたり、高い所から落とすのは絶対にNG。

黄金色に染まるほど実っている木を見ると、うれしい反面、収穫を考えてげっそりするのだそう。

収穫後は、持ち帰って大きさと品質の選別を行います。選別が終わったものから箱やパックに詰めて出荷し、やっと農家さんの仕事は終わりになります。

いかがでしたか。どの作物でもそうですが、いろんな苦労が結びついて果実ができるんですよね。特にさわちんの実家でもユズを栽培しているので、少々熱がこもりすぎたかもしれません。

皆さん、ぜひユズを手に取って、食事や生活にいろどりを加えてもらえるとうれしいです。

そういえば、先日かんきつアカデミーにてドローンを利用した講義と実習がありました! 果樹栽培のスマート化はどこまで進んでいるのか!? 次回はそちらの模様をお伝えしようと思います、お楽しみに。

【農家コラム】さわちんの「リアルタイム新規就農日記」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集