初めてチンゲンサイが売れました! 【農家見習い・さわちんの「リアルタイム新規就農日記」第17回】

「SMART AGRI」をご覧のみなさん、こんにちは。さわちんと申します。

現在38歳で、妻と小学生の子ども2人の4人家族です。

前回は、私が借りているビニールハウスの改造計画第1弾、灌水設備工事についてお伝えしました。野菜を育てるうえで、水やりは絶対に必要で、かつ頻度がとても高い作業になります。こういった作業を効率よく行うことが、儲かる農業への近道になるのです。

さまざまな作業の効率化を目指して、ビニールハウスの改造計画をどんどん進めていきたいと思います。

さて今回は、記念すべき第1回のチンゲンサイの収穫と出荷の模様をお伝えしたいと思います。


喜んでもらいたいから……丁寧な収穫作業を心がけました!

ところで、皆さんチンゲンサイのことをご存じですか? 残念ながら、移住前の私の印象は、マイナー野菜のトップ選手……。調理方法もあまり浮かんできませんでした。

軽く紹介させてもらうと、原産地は中国で、1970年代に日本に入ってきたといわれる、比較的新しい葉物野菜です。シャキシャキを生かして炒め物にしてもよし、煮崩れしないので煮物にしてもよしと、いろんな場面で活躍してくれます。さわちん一家のオススメは、さっと湯がいてめんつゆと鰹節であえる、「チンゲンサイのおひたし」!

そんなチンゲンサイの収穫の方法をご説明します。

まずは、ビニールハウスの畝にびっしり生えたチンゲンサイを眺めます。

びっしり生えたチンゲンサイ
一本一本愛情込めて行った植え付け、苦労した水やり、謎の害虫の襲撃など、たくさん大変な思いをしてきましたが、やっとここまできたんだな……としみじみ。

そして、早く動いて! と妻に怒られます(笑)。

次に、根っこごと、地面から引っこ抜きます。

引っこ抜いたチンゲンサイ
写真は妻の手です(笑)。初めて栽培したチンゲンサイですが、しっかり根っこが張っており、引き抜くのにも一苦労でした。少量なら大丈夫ですが、大量になってくると手首が痛くなってきそうです。今後いろんな方法を試して、体への負担は最小限にしたいです。

引き抜いたチンゲンサイの根っこや、傷んでいる葉っぱなどを手やハサミで切り離して、スーパーに並ぶような状態にします。農家さんによって収穫のやり方は千差万別ですが、さわちんは、圃場である程度きれいにすることを心がけています。

加工したチンゲンサイ
コンテナに並べたチンゲンサイ
あとは、この作業をあらかじめ用意したコンテナがいっぱいになるまで、ひたすら繰り返します。大変だと思われがちですが、コンテナがチンゲンサイでいっぱいになっていく様子が楽しくて、意外と早く時間が過ぎていきます。

コンテナがいっぱいになったら、家に持って帰って、もう一度虫食いや汚れがないか、傷んでいる葉や茎はないか、などを一つ一つチェックします。さわちんの野菜を選んで買っていただいた消費者の方に喜んでもらいたいので、技術が未熟なかわりに手間暇をかけています。


ドキドキの出荷! 気になる売れ行きは……?

最終チェックが終わったら袋詰めして出荷場へ。今のところ出荷先は、地元スーパーの直売コーナーです。

ここでは品目や量などで決まりはなく、出品者の裁量で決めてよいことになっています。自由ではありますが、その分ライバルがたくさんいるので、逆に気を抜けません。今一度チンゲンサイを見つめて、値段を決めてラベルを貼ってできあがり!

袋詰めしたチンゲンサイ
これで120円。どうですか? 皆さん買っていただけますでしょうか……。

初めての出荷は、計16袋になりました。本当に売れるかな、とものすごくドキドキしながら出荷しました。

この直売コーナーでは、出品者はスマホを使って1時間ごとの売れ行きを確認することができるので、出荷した翌日、妻と2人で祈るようにスマホを見つめていたところ……。

さっそく売れたー!!

イラスト:ヤマハチ
妻と一緒に小躍りしたのを覚えています。数あるチンゲンサイの中で、“さわチンゲンサイ”を選んでくださったお客様、本当にありがとうございます! ちなみに、虫食いがあって出荷できなかったチンゲンサイを家で食べたところ、子どもたちが「美味しい! 」と太鼓判を押してくれたので、きっとおいしく召し上がっていただけると思います。

その後、あれよあれよといううちに、出荷した計16袋が完売したのです! やったー!

この日の売り上げは計1920円。そのうち、手数料が約30%なので、手取りは1344円。これまでかかったいろんな経費を考えれば、まだまだ全くの赤字です。ん~思い出したくない。

それでも、これからの長い農家としての人生を考えたときには、幸先の良いスタートを切れたような気がして、ほっと一息をつくことができました。

妻もほんとに売れるかドキドキしていたみたいで、同じくほっとしたような顔になっていましたとさ。

ただ、これはあくまでスタート。喜んでばかりもいられません。これからは種まき→植え付け→管理→収穫→出荷という流れをたくさん繰り返して、どんどん売り上げを作って、経営を安定させていきたいと思います。

そうすることで、これまでお世話になった方への恩返しと、どんどん大きくなる子どもたちへのご飯の用意、そして何より、就農を考えている人の安心材料になるはず。

「就農モデルになる」という目標がほんの少しだけ、前進したような気がします。

いかがでしたか。農家になると決意して移住してから丸1年、ついに自分で作った野菜を売る瞬間をお伝えしました。むしろこれからの方が大変になっていくと思われますが、引き続き「リアルタイム新規就農日記」として発信し続けていきます!

さて次回は、かんきつアカデミーの授業「果樹の剪定」についてお伝えしたいと思います。これまで講義で学んだこと、実習してきたことのすべてが、この剪定作業につながっていくのです。果樹の管理の中で、最も大事とも言われる剪定、どうぞお楽しみに。

【農家コラム】さわちんの「リアルタイム新規就農日記」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集