就農1年目! チンゲンサイ農家の収入・経費・人件費を大公開します!【さわちんの「リアルタイム新規就農日記」第8回】

「SMART AGRI」をご覧のみなさん、こんにちは。コケチンファーム代表のさわちんです!

前回は、コケチンファームのネットショップ計画についてお伝えしました。昨今、簡単にネットショップを立ち上げるためのサービスが充実してきていますが、いざ本格的に作ろうと考えると、いろいろ決めなければいけないことがたくさん。

たとえば受注管理や商品管理、顧客管理など、商品の売買には直接関係ないところまでおよびますので、未だコケチンファームのネットショップは開業できていません……。オープンしたらお伝えしますので、ぜひ訪問をお願いします!

そういえば、コケチンファームの圃場面積が拡大しましたので、ご報告です。これまで圃場面積の合計は約12aでしたが、なんと20aにまで拡大しました!

新しくビニールハウス付きの農地を借りることができました。


たくさんチンゲンサイを栽培できるようになりましたので、苗を育てるスペースもだいぶ拡張しております。



たくさん植え付けをしましたが、さあ果たして無事に収穫を終えることができるでしょうか……。



移住してすぐ、師匠をはじめとした先輩農家の方々に、「2反(20a)は必要だぞ! 」と言われており、どうやって確保したものかと頭を悩ませていましたが、いろんな縁あって達成することができました。あとはチンゲンサイを育てて出荷するのみ!

さて今回は、わがコケチンファームの営農状況の整理と題して、これまでを振り返ってみたいと思っております。また、さわちんが直売所にチンゲンサイを出荷する際の値段「120円(税抜)」の妥当性についても検証してみます。

イラスト:ヤマハチ

新米チンゲンサイ農家の所得はいくら?


そもそもなぜ「120円(税抜)」に設定したかというと、「4人家族の副菜一品になる程度のボリューム=120円」という さわちん一家の家計から考えた願望が反映されているから。

この価格が採算ベースで正しいのか、間違っているのか? さて、どうなることやら……。

【ステップ1】 まず、収入はおいくら?


それでは、少し恥ずかしいですがコケチンファームの2021年第1四半期(4~6月)の売上を見ていきましょう。「売上」から「出荷手数料」を差し引いた、粗利を記載します。

※第1四半期を例に挙げた理由は、第2四半期にほとんど売上がないためです。就農1年目ですが長い夏休みをとっていました(笑)。


【ステップ2】 次に経費はおいくら?


次に、出荷するまでにかかったさまざまな経費を見ていきましょう。経費に関しては、栽培期間が各月をまたぐため、一括で計上することとします。


【ステップ3】 最後に人件費はおいくら?


最後は、人件費を算出してみましょう。4~6月までで、私と妻の稼働は全部で574時間。平均すると190時間/月ですが、私が妻の約2倍は稼働していると考えて、

さわちん:120時間/月
妻:70時間/月

といったところでしょうか。

そして、徳島県の最低賃金824円 (2021年10月現在)で計算すると……

さわちん:¥296,640
妻:¥173,040
合計:¥469,680

【ステップ4】 所得を計算してみよう!


では、収入と支出が出ましたので、所得を求めてみましょう

¥436,027-¥206,665-¥469,680=-¥240,318

あちゃー、ばっちり赤字です。まいりましたね! 本当はだめですが、今はいったん人件費を考慮しない所得を考えてみましょう。

¥436,027-¥206,665=¥229,362=¥76,454/月

となりました。なんと1カ月あたりの所得が「76,454円」しかないんですね……。これでは生活が難しいなぁ、どうしようかなぁと凹み気味になってしまいました。


目標は“月収30万円”! 達成するためには……

しかし、こういった時に備えて、補助金制度があるんですよね! 以前こちらの記事で紹介した「農業次世代人材投資資金 ~経営開始型~」を覚えていらっしゃるでしょうか。

新規就農から経営が安定するであろうと予想される5年間補助金を支給してくれる制度です。詳細な説明は、以前の記事をご確認いただければと思いますが、さわちんもしっかり申請を行いました。書類を作ったり、面接を繰り返したりといろいろありましたが、無事に承認されて、補助金を受け取ることができております。

その金額が妻とあわせて、なんと年間225万円(※雑収入になるので、税金は引かれます)。これを月ベースに直すと18万7500円になります。

まだまだ新米なので、こちらも所得として加えると……1カ月あたりの所得が26万3954円になりました。でもでも、やっぱり月収30万円は欲しいなぁと思うので、差額の3万6046円を直売所の売上から捻出したいと思います。

出荷手数料を30%に設定して、「120円」に上乗せすべき金額(x)を算出してみました。

4187(袋)×(1-0.3) x = ¥36,046×3(カ月)=¥108,138
0.7x≒¥26
x=¥37

ということで、上乗せするべき価格は37円となりました。消費税を考慮すると、どうやら月収30万円を達成するためには、1袋当たり154円(税抜き)で売らなければいけないようです。今まで少し安くしすぎてしまっていたみたいですね。

こうやって振り返って計算してみると、自分にとって適正な価格というのがわかりますね。

しかし、適正価格が売れる価格かどうかは、別の話。売れなければ元も子もありませんので、相場を気にしながら値段をつけなければいけません。やっぱりネットショップを開設して、自分の好きな値段で売れたらいいな~と思うさわちんでありました。


さて次回は、本格的に新規就農してから半年が過ぎ、毎日の作業もこなれてきた今感じている「困っていること」をランキング形式でお伝えできればと思います。

農業はもちろんのこと、田舎暮らしという観点で頭を悩ませていることなど、いろいろ浮かんできました。もしかしたら、同じく新規就農した皆さんにも「あるある~!! 」な内容になるかなぁと思いますので、ぜひお楽しみに!

【農家コラム】さわちんの「リアルタイム新規就農日記」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。