農業における「フェノミクス」の意義とは? ゲノム編集研究の発展とフェノミクス(前編)

「フェノミクス」という言葉を頻繁に聞くようになった。

いったいどういう意味で、これからの農業にとってどういう価値があるのか。それを知れば、育種の高速化だけではなく、生産性の向上にとっても、フェノミクスというものがこれから重要な鍵であることが理解できるだろう。

この分野の先駆者である東京大学大学院 農学生命科学研究科の二宮正士特任教授(名誉教授)にインタビューした。二宮特任教授は同大国際フィールドフェノミクス研究拠点のリーダーでもある。


植物に現れる傾向や成長状態などを評価する「フェノミクス」

――そもそも「フェノミクス」とはどういう意味なのでしょう。それからこれからの農業にとってどういう価値を持つのでしょう。

二宮:それを理解してもらうには、「ジェノタイプ」(ゲノタイプ)と「フェノタイプ」という言葉について説明しなければなりません。ともに育種における植物の性能を評価する対象であり、日本語ではそれぞれ「遺伝子型」と「表現型」と呼ばれています。

遺伝子型とは、個々の生物が持つ遺伝子の構成であり、表現型とはその遺伝子型が形質として現れるものです。表現型には、目に見える草形や草丈はもちろん、果実の糖度や酸度、光合成など目に見えないものも含みます。


――植物のあらゆるパフォーマンスは表現型、つまりフェノタイプなんですね。

二宮:ええ、そうです。フェノタイプを計測することを「フェノタイピング」と呼び、そして、ジェノタイプを解析することを「ジェノタイピング」(ゲノタイピング)と呼びます。

今回ご質問の「フェノミクス」とは、そうしたフェノタイピングに関する研究を指します。一方、ジェノタイピングに関する研究は「ジェノミクス」(ゲノミクス)と呼びます。

――「フェノミクス」という言葉はいつ頃から出てきたのでしょうか。

二宮:はっきりとはわからないのですが、ざっとこの10年から20年の間のことかと思います。少なくとも私が学生だった40年前にはなかった言葉ですね。

当時のフェノタイピングといえば、草丈や病徴などをメジャーや目視で計測するのが当たり前で、基本的に新たな技術の開発はありませんでした。だから研究の対象になりえなかったんです。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。