リーフレタスを露地栽培比で80倍生産できる「ガラス温室」の革命 〜舞台ファーム(仙台市)

2021年10月、宮城県美里町に人手による管理作業を大幅に省いた大型のガラス温室が竣工した。定植から収穫まで栽培ベッドだけが施設内を移動し、各区画で生育段階に応じた管理が自動でされる仕組みだ。

施設内には栽培ベッドを隙間なく収容でき、リーフレタスの単位面積当たりの生産量は露地栽培と比べて約80倍程度になるという。運営する舞台ファーム(宮城県仙台市)は「野菜生産で革命を起こしたい」と意気込む。

2021年10月に竣工したガラス温室(提供:舞台ファーム)

建屋面積5haという国内最大級の園芸施設


美里町の田園地帯を走る車の窓の向こうに、突如として屏風のように立ち並ぶ巨大なガラス温室が出現した。

運用するのは、米や野菜の生産や加工、販売を手がけ、グループの売上高が40億円を超える舞台ファーム。案内してくれた伊藤啓一常務は「屋根には“ロボット掃除機”みたいな掃除機があって、自動できれいにしてくれるんです」と話す。それで光の透過率が経年的に下がらないようになっているそうだ。

施設内を移動するのに使う2台の自転車
規模はざっと敷地面積が7.5ha、建屋面積が5.1ha。国内では最大級の園芸施設である。

中に入ると管理棟で、まず目に入ったのは2台の自転車だった。

「広すぎるので、みんなこれで移動するんです」(伊藤さん)。


栽培棟に隙間なく敷かれたガターが場内を移動


圧巻なのは、その奥にあるリーフレタスを育てている栽培棟だ。入ると、通路の向こうがどこまで続いているか見えず、ガラス温室の側面に沿ったこの通路は500mあるという。栽培棟で通路があるのは、こちらの側面と反対側の側面に沿ったものだけ。あとは人が通れる隙間はない。

では、他に何があるのかといえば、これがもう一つ、目を見張る点である。新型コロナウイルスの影響で工期が遅れている場所を除いて、栽培棟をほぼ隙間なく埋めるのは、ベンチに載った長細い栽培ベッドの「ガター」だ。

ガターの規格は培地の幅が約12cm。長さは約12mで、そこに植栽できる本数は50株になる。このガターが片方の通路から反対側の通路までこれまた隙間なくゆっくりと移動していく。いわゆる「ムービングベンチ」だ。

どれくらいゆっくりかといえば、品種の違いによって23~25日もかかる。前段の育苗も含めれば、収穫までにかかる生育日数はおおむね50日だ。

ムービングベンチ
ベンチに載ったガターは緩やかな傾斜を持っている。というのも、ガターの高い側から養液が供給されるためである。傾斜をつけることで、供給する側の反対にある苗にまで養液が届くようにする工夫となっている。

ガターは23~25日かけて移動する間、生育段階に応じて養液や光などの管理が微妙に変わる。


リーフレタスの露地栽培と比べて作業時間は30分の1に


そうしたきめ細かい管理を経て向こう側に到達したガターは、ベルトコンベアーに乗って栽培棟の横にある管理棟に向かう。そこに収穫の区画があり、待機している20人がいっせいに摘み取る。収穫が終わったガターは、洗浄されて再び栽培棟に戻って定植される。これを繰り返していく。人が摘み取ったリーフレタスはその場でコンベアーに落として、別の区画に運んで調製する。

以上でわかる通り、ベルトコンベアーでガターを輸送することで、あらゆる作業で人の往来を極端に減らした仕組みになっている。伊藤さんは「露地栽培でレタスを作る場合、10a当たりにかかる作業時間は90時間近い。対してこのガラス温室では3~4時間で済んでしまう」と語る。

培地にも特徴がある。

「うちは培地にはスポンジを使いません。これを使うと根の張りが全然違うんです」そういって伊藤さんが見せてくれたのは培養土を製造する機械だ。かくはん機が培養土を混ぜて、その後に別の機械で長細い板状に整形する。最後に自動で種をまく。1時間で1万株分を作れるそうだ。

培養土をつくる機械

吸い残した溶液も再利用する、SDGsを体現した施設


「ここはSDGs(持続可能な開発目標)を体現したガラス温室でもあります」。

こう語る伊藤さんによれば、このガラス温室では作物が吸い残した排液はすべて回収して、紫外線で殺菌した後、不足する肥料分を補って液肥にすることを繰り返すらしい。

「使った肥料は外には一切出しません。二酸化炭素も還元しています。将来はクリーンエネルギ―を使うことも計画しています」

施設がフル稼働した時に働く人数は、30人を想定している。基本的には地域の住民を雇用することで、人が住み続けられるまちづくりにも貢献する。これもまたSDGsに則っている。

このガラス温室の仕組みは、主にオランダやベルギーの技術を組み合わせて、舞台ファームが独自に設計したものだ。フル稼働は12月になる見込みだが、一部稼働しているところを見るだけでもその迫力は十分だった。

ガラス温室内(提供:舞台ファーム)

野菜の周年栽培をリアルに実現する“革命”となるか


舞台ファームがこのガラス温室を建てたのは、野菜を周年で安定して供給するため。

伊藤さんは「温暖化で安定的にレタス類が収穫できなくなり、数量と価格が大きく上下しています。それでも消費者の皆さまのニーズに応えていきたい」と語る。

続けて「キノコはかつて、今のように周年で安定して手に入るものではなかった。それが工場生産が始まって変わった。同じことを野菜でやりたいと思っているんです」と重ねた。

舞台ファームは早くも同様のガラス温室を別の場所で建てることを計画している。野菜生産の革命が起きるのか、楽しみである。


株式会社舞台ファーム|仙台の農業生産法人~原菜・カット野菜・米・農業コンサル~
https://butaifarm.com/

【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。