ICTで大規模稲作経営の作業時間&効率を改善──有限会社フクハラファーム

琵琶湖に面した200ヘクタールという日本有数の広大な水田で農業を経営する有限会社フクハラファームは、富士通株式会社が扱う営農を支援するクラウドサービス「Akisai(秋彩)」の開発に協力したことで知られる。

なぜICT(情報通信技術)に興味を持ったのか。利用してみてその価値をどう考えるのか。大規模水田農業経営体におけるICTや農業用ロボットの意義を探るため、滋賀県彦根市にある同社に、会長の福原昭一さんを訪ねた。


目指したのは農地の大区画化

福原さんがICTを取り入れた理由について知るには、会社の歴史を少し知っておいたほうがいい。

はじまりは1989年。この年、福原さんは地元の土地改良事務所を退社し、専業農家に転身する。4ヘクタールからのスタートだった。

当初から目指してきたのは「コメ専業として県内一」になること。そのために意識して実行してきたのは、農地の集積と大区画化だ。作業時間効率を上げるためである。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。