日本のフェノミクス研究は「露地栽培」分野で【ゲノム編集研究の発展とフェノミクス(後編)】

頻繁に聞くようになった「フェノミクス」という言葉。いったいどういう意味で、これからの農業にとってどういう価値があるのか。

この分野の先駆者であり、東京大学国際フィールドフェノミクス研究拠点のリーダーである、東京大学大学院農学生命科学研究科の二宮正士特任教授(名誉教授)に再びインタビューした。

後編では、世界的に発展するフェノミクス分野で遅れをとる日本の状況と、その挽回策についてうかがった。

■前編はこちら
フェノミクスの意味と価値~東京大学・二宮正士特任教授(前編)

フェノミクス分野で出遅れる日本

――フェノミクスの分野での世界における日本の状況を教えてください。

二宮:残念ながら日本は出遅れています。10年ほど前から欧米諸国はこの分野に投資をするようになり、その中核機関として各国にプラント・フェノタイピング・センター(PPC)を設立してきました。

最も早かったのはオーストラリア、続いてドイツやフランス、英国、米国などです。各国では関連するベンチャー企業も登場しています。アジアでいえば中国が最近になって投資を始めました。

――日本でフェノミクスに関する常設の機関はないのでしょうか?

二宮:ありません。私がリーダーを務める東大国際フィールドフェノミクス研究拠点がほとんど唯一の研究機関ですが、これは常設ではなく、プロジェクト予算でつくりました。その予算がなくなれば消える可能性は高い。

水稲開花の自動認識による出穂日の自動推定(引用元:https://plantmethods.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13007-019-0457-1

日本が今後進むべき道は?

――日本が挽回できる余地はあるのでしょうか。

二宮:野外フィールドならその余地があると考えています。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。