日本のフェノミクス研究は「露地栽培」分野で【ゲノム編集研究の発展とフェノミクス(後編)】

頻繁に聞くようになった「フェノミクス」という言葉。いったいどういう意味で、これからの農業にとってどういう価値があるのか。

この分野の先駆者であり、東京大学国際フィールドフェノミクス研究拠点のリーダーである、東京大学大学院農学生命科学研究科の二宮正士特任教授(名誉教授)に再びインタビューした。

後編では、世界的に発展するフェノミクス分野で遅れをとる日本の状況と、その挽回策についてうかがった。

■前編はこちら
フェノミクスの意味と価値~東京大学・二宮正士特任教授(前編)

フェノミクス分野で出遅れる日本

――フェノミクスの分野での世界における日本の状況を教えてください。

二宮:残念ながら日本は出遅れています。10年ほど前から欧米諸国はこの分野に投資をするようになり、その中核機関として各国にプラント・フェノタイピング・センター(PPC)を設立してきました。

最も早かったのはオーストラリア、続いてドイツやフランス、英国、米国などです。各国では関連するベンチャー企業も登場しています。アジアでいえば中国が最近になって投資を始めました。

――日本でフェノミクスに関する常設の機関はないのでしょうか?

二宮:ありません。私がリーダーを務める東大国際フィールドフェノミクス研究拠点がほとんど唯一の研究機関ですが、これは常設ではなく、プロジェクト予算でつくりました。その予算がなくなれば消える可能性は高い。

水稲開花の自動認識による出穂日の自動推定(引用元:https://plantmethods.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13007-019-0457-1

日本が今後進むべき道は?

――日本が挽回できる余地はあるのでしょうか。

二宮:野外フィールドならその余地があると考えています。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。