糖度と大きさのバランスを制御して“トマトの新基準”を打ち立てたい──AIでつくる高糖度トマト(後編)

株式会社Happy Qualityとサンファーム中山株式会社(いずれも静岡県袋井市)は、高糖度トマトを安定的に生産するために静岡大学の峰野博史教授に接触した。その結果、葉のしおれ具合から、かん水を制御していくことができるように。本記事では、前回の技術を踏まえて、トマトの糖度はどのように変化したのかについて詳しく触れていく。

Happy Quality社とサンファーム社が産業技術総合研究所(茨城県つくば市)との共同研究で開発にめどをつけたのが、畑で生育中のトマトを破壊することなく、一玉ごとに糖度と酸度を計測する赤外線センサーだ。経時的にセンシングすることで、糖度と酸度のバランスが取れた良食味のトマトを安定的に生産できると考えている。実用化は2021年3月の予定だ。

株式会社Happy Qualityの宮地誠さん(左)と、サンファーム中山株式会社の玉井大悟さん(右)


糖度と肥大を両立させるために生育中のデータを確認

サンファーム社は野菜の生産を、Happy Quality社はその流通を担っている。目下注力するのは、タキイ種苗株式会社が開発した糖度とリコピンを売りにした中玉トマト「フルティカ」を使った、自社ブランド「Hapi toma」。サンファーム社の収穫物はすべて同社を通じてスーパーや飲食店などに直接出荷している。

特徴的なのは、独自に糖度とリコピンを計測するセンサーを取り付けた選果機を造り、全量検査していることだ。全国でも糖度とリコピンの全量検査は非常に珍しい。リコピンで100g当たり6mg以上、糖度の指標とされるBrixで6~13がブランドとして認証する条件となる。糖度は6から13の間で1単位ごとに選果し、各糖度に応じて商品化していることを覚えておいていただきたい。

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。