農業参入企業が共通課題を解決する、北杜市農業企業コンソーシアムの実践<下>

企業が次々に参入し、農業団地が誕生している山梨県北杜市。前回紹介した有限会社アグリマインドだけではなく、ほかに参入した企業の多くが環境制御型の園芸施設でトマトやパプリカを生産している。

また、参入企業が共通の課題を解決するため、「北杜市農業企業コンソーシアム」を形成している。

レポート後編では、参入企業のひとつ、株式会社リコペルの事例と、共通課題の解決策についてお伝えする。

隔離土でミニトマトを養液栽培──株式会社リコペル


今回もう1カ所訪ねた株式会社リコペルは、フェンロー型の園芸施設で隔離土を使ったミニトマトの養液栽培をしている。

土を地面から離して根域や土中の水分を制御することで、根に適度な乾燥ストレスを与え、果実の糖度はイチゴと同程度の12度にまで高めることに成功した。果実の色が日本の伝統色である「思い色」に近いところから「おもいろトマト」というブランドで販売している。

コンソーシアムを形成し、共通課題の解決へ

規模がそれなりに大きな農業法人が、同じ場所で同じような環境条件で営農すれば、共通した課題にぶつかるのは必然。そのため北杜市では、新たに参入してきた企業を中心に「北杜市農業企業コンソーシアム」を形成した。

加盟社はほかに、青果専門店・九州屋グループの株式会社明野九州屋ファームやイオンアグリ創造株式会社、株式会社オリエンタルランドなどが名を連ねる。また賛助会員として県や市、JA、日本政策金融公庫、山梨大学など産官学の多様な企業や組織が参加する。

コンソーシアムでは共通の課題を解決するため、「環境」「雇用」「物流」の分野で3つの部会を設けている。

環境部会の目的は農業残渣の処理やたい肥化。各農場の生産過程で出てくる茎や葉などで肥料をつくる。アグリマインドを視察した際、ちょうど園芸施設の広々とした選果場のエリアから茎や葉が大量に運び出されていくところだった。

物流部会の目的は、共同配送や新規販路の拡大。それから雇用部会の目的は人材不足の解消。当時の会員企業のうち13社の雇用実態について2017年に調査したところ、従業員数は459人。これが2年後には561人、5年後には670人が必要になるという結果になった。


とはいえ、他産業含めて企業はどこも人材不足。それに農業は概して他の製造業よりも高水準の時給を出すことは難しいため、すんなり雇えるはずもない。加えて1つの地域に大規模な農業経営体が固まってしまっているため、なおのこと人手を確保するのは難しい。外国人技能実習生の受け皿を整えることなどを検討してきた。

会員企業が増え、また個々の規模が広がる中、こうした課題の解決に対して今後も一緒に当たっていくという。

<参考URL>
有限会社アグリマインド
農業生産法人 株式会社リコペル
北杜市農業企業コンソーシアム
【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。