スマート米 玄米でクラフトビールを醸造!? 青森でのスマート農業×地産都消の取り組み

スマート農業によって生産された玄米を、地元のお店でクラフトビールに醸造し、全国に届ける。スマート農業を導入することで、減農薬という付加価値のついた作物を加工して、さらに価値を上乗せする。

全国でスマート農業の取り組みが加速する中、青森県では“地元のもの”を“地元で加工”して大消費地に届けることで、その認知度向上を目指している。

今回は青森県弘前市で実施された、そんな「スマート農業×地産都消」に向けた活動のイベントレポートをお届けする。


新たな味わい! スマート米 玄米を使用したクラフトビール誕生

2019年11月21日、弘前市のクラフトビール専門店「ギャレスのアジト」で、開店3周年アニバーサリーパーティーが開催された。パーティーでふるまわれたのは株式会社オプティムアグリ・みちのくが販売する「スマート米 玄米」を原料として醸造した、3周年記念クラフトビール「3周年けやぐのまんまラガー」。総勢70名の参加者が特別な一杯を味わった。


“けやぐのまんま”は津軽弁で、けやぐ:「仲間・友達」、まんま:「ご飯」=友達のご飯のビール、という意味。米を原料にして醸造したビールは、後味がすっきりとしたさわやかな飲み心地に仕上がっており、クラフトビール初心者にも飲みやすい。ビールが苦手だという人にも、馴染みやすい味わいとなっている。

そんな注目のビールが味わえる、今回のイベント会場となった「ギャレスのアジト」は青森県弘前駅から徒歩15分の場所に位置する、ちょっと隠れた場所にある「アジト」感満載のお店だ。

イベント当日はもちろん貸し切り! 存分に、「けやぐのまんまラガー」を楽しめる場が整っている

今回のイベントの火付け役は、みちのく銀行地域創生部の行員小山内創祐さん。「ギャレスのアジト」の創業に携わり、オプティムアグリ・みちのくのスマート米を原料としてビールを醸造することを提案した人物だ。

「米を原料としたビールを醸造する」。そんなスマート米の新たな活用方法と、大消費地でのPRにつながることを期待して、コラボレーションに至ったのである。

今回の会場となっている「ギャレスのアジト」代表のギャレス・バーンズさんは、元米軍基地の軍人だ。青森駐在中に津軽三味線の魅力に引き込まれ、そのまま弟子入り。その後、弘前でクラフトビール専門店を開業したという、異色の経歴の持ち主である。

3周年のお祝いには、「けやぐのまんまラガー」の試飲はもちろん、ギャレスさん、スマート米生産者の佐藤拓郎さん(タクロン)、そしてみちのく銀行の小山内創祐さんによるライブも開催され、会場は熱気に包まれた。

(左から)スマート米 玄米の生産者:株式会社アグリーンハート代表佐藤拓郎さん、ギャレスのアジト代表:ギャレス・バーンズさん、みちのく銀行地域創生部:小山内創祐さん、オプティムアグリ・みちのく部長:赤石淳さん


まずは、ギャレスさんによる三味線の演奏。今回スマート米 玄米で作ったクラフトビールの出来には非常に満足しており、今後のAI・ドローン技術に期待し、青森のおいしいものを全国にもっと発信していきたいと語った。3年間の想いを込めた演奏となり、三味線の力強い音が会場に響き渡った。


続くのは、佐藤拓郎さんによる演奏だ。2018年度に引き続き、2019年度も黒石市でのスマート米栽培にご協力いただいた。生産者でもある佐藤さんは「米でつくったクラフトビールは想像以上に飲みやすい」とコメントしていた。

株式会社アグリーンハートの記事はこちら

ライブの合間には、3周年にちなみ、3月生まれ、33歳、また、県南や県外からの参加者へスマート米 玄米をプレゼントする企画も開催された。


参加者は、「お米を原料にして醸造したビールははじめて、また飲みたい」「クラフトビールのイメージが変わった、軽い飲み心地である」と、口々にビールの感想を述べていた。


青森の大地の新たな味わいを体感しよう

今回の「3周年けやぐのまんまラガー」は数量限定。60㎏のスマート米 玄米を利用し、1,000リットルのクラフトビールが醸造され、東京をはじめとする全国の取り扱い店で飲むことができる。気になる方は、ぜひお近くのお店で味わってみてほしい。東京銀座のお店で試飲したという方からは「フルーティで美味しかった」という声も届いている。

スマート米は、オプティムの農業ソリューション(AI・ドローン)を活用して栽培された、オリジナルのブランドだ。

ドローンで空撮した画像から、病気や雑草の発生場所をAIで検知することで、必要なところに必要な量だけ農薬を散布した減農薬米として、2018年から生産、秋から販売を開始している。この技術を用いることで、農家の労働力を軽減でき、商品には減農薬という付加価値を生み出すことができる。

農産物の付加価値創造・効率化に寄与するスマートアグリフード事業のほか、システムやセンサー・ドローン等の販売を目指すスマート農業総合商社事業も展開していくというオプティムアグリ・みちのく。二つの事業の相乗効果により、今後ますます青森県の基幹産業である農業の効率化を目指して意欲を燃やしている。

今回のイベントで利用された青森県の地元米「まっしぐら」と2019年度から仲間入りした「つがるロマン」は、パッケージを一新しスマート米販売サイト「SMART AGRI FOOD」や、Amazonで購入することが可能。ぜひご自身でその味を体感してほしい。



スマート米2020(19年度産新米・米)スマート米青森県産 つがるロマン 2kg [白米/玄米/無洗米玄米]【送料無料】
Amazon | スマート米 玄米:青森県 まっしぐら (無洗米玄米2kg):残留農薬ゼロ | スマートアグリフード | 白米・胚芽米 通販


株式会社オプティムアグリ・みちのく
https://michinoku.optimagri.com/
ギャレスのアジト
https://www.facebook.com/garethhideout/
小山内創祐Official web site
https://www.sousuke-osanai.com/
株式会社アグリーンハート
https://www.agreenheart.jp/

【事例紹介】スマート農業の実践事例
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  3. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  4. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  5. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。