「科学者の心」を持って自ら考えてほしい 〜遺伝子組み換え技術の議論【窪田新之助のスマート農業コラム】

日本では遺伝子組み換え技術にまつわる誤解はどうにも根強い。

たとえば、「遺伝子組み換え技術で育種した作物は国内での栽培が禁じられている」、「遺伝子組み換え食品は輸入されていないので、日常食べていない」といったものだ。

しかし、いずれも事実とは異なる。



「遺伝子組み換え食品」は悪か


こうした誤解を解消する書籍が出版された。

それは、元・日本モンサント(現・バイエル)社長で、現在は株式会社アグリシーズ社長を務める山根精一郎さんによる「もしもがんを予防できる野菜があったら 『遺伝子組み換え食品が世界を救う』」(幻冬舎)だ。同書を読むと、遺伝子組み換え技術ついて、いかに日本で誤解が多いかがわかる。


たとえば、日本では過去25年ほどの間に、食卓に遺伝子組み換え食品が浸透していった。特にトウモロコシや大豆などの加工品などで日常的に口にするようになっている。

同書に書かれていた事例で意外だったのはチーズだ。チーズは、遺伝子組み換え技術があるからこそ大量生産できるようになった食品だという。

牛乳のタンパク質を固める際、昔は子牛の4番目の胃から取れる「キモシン」という酵素を使っていた。しかし、一度に取れるキモシンの量はごくわずか。

そこで、微生物にキモシンを作る遺伝子を組み込むことで、キモシンを大量生産できる技術が開発された。現在では世界におけるチーズの製造量の約6割が遺伝子組み換えキモシンを利用していて、もちろん日本人もそのチーズを普通に食べているという。

国内でも遺伝子組み換え作物は栽培されている


また、遺伝子組み換え作物は日本で栽培が禁じられていると思われがちだが、これも事実ではない。実際には大豆やトウモロコシなど146品種で栽培が承認されている。それは、食品や飼料、環境面での安全性が評価されているからだ。

事実としては「許可」なのですが、下記の農水省のQ&A上では「許している」というニュアンスではないようにも思います。

ただし、農水省自身も栽培の承認以降に安全性が変わる可能性は否定していない。そのため、許可した上でさらに、何らかの問題が生じた場合にはただちに栽培中止などの命令が下せるよう、遺伝子組み換え作物を開発した企業への緊急措置計画の策定も義務付けられている。(それでも商業栽培されているのは青いカーネーションだけである)。

大切なのは、「科学者の心」を持つこと


もし、なぜ遺伝子組み換え作物が許可されているのか、その理由を確かめたいなら、まずは山根さんの著書を読むことを勧めたい。遺伝子組み換え技術についてこれほど広範に、わかりやすく書かれた本は希少である。

山根さんが本書を通して伝えたいことの一つは、一人でも多くの人に「科学者の心」を持ってもらうことだ。

日本における遺伝子組み換え技術を巡る議論では、思い込みや似非科学に基づく意見が幅を利かせがちだ。科学的な遺伝子組み換え技術についての知識をしっかり知り、賛否両論にも耳を傾けながら、農業関係者はもちろん、消費者にも、データに基づいて自ら判断する「科学者の心」を養ってもらいたいという。

これは食に関するあらゆる議論に共通する大事である。


遺伝子組換え農作物に関するQ&A|農林水産省
https://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/kiso_joho/qanda.html
カルタヘナ法に基づく生物多様性の保全に向けた取組
https://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/torikumi/index.html#1
もしもがんを予防できる野菜があったら 「遺伝子組み換え食品」が世界を救う | 株式会社幻冬舎
https://www.gentosha.co.jp/book/b14197.html

【コラム】窪田新之助のスマート農業コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。