収量を高める根の力 【窪田新之助のスマート農業コラム】

2020年に入って毎月のように取材で訪ねているところがある。

農業用施設の設計や施工、販売のほか環境制御機器の販売やコンサルティングをしている埼玉県春日部市の中村商事有限会社だ。

代表の中村淑浩さんには施設園芸について毎回多くのことを教えてもらっているが、本コラムでは収量を高めるうえで根が持つ力の一端を紹介したい。



高設栽培で放っておかれてしまう「水と肥料」


それは高設栽培で収量を高める上での留意点について中村さんに尋ねたときのことだった。

「統合環境制御」は気温や湿度、光などの環境因子のデータを測定しながら、天窓やカーテンの開閉、二酸化炭素の発生装置や加温機の稼働などを制御して、作物の光合成をできるだけ活発にすることを一つの目的としている。

さまざまな環境因子がある中、「生産現場で放っておかれがち」と中村さんが指摘したのは「水と肥料」だ。

「高設栽培では根っこが放ったらかしになっていることが多い。光や二酸化炭素が豊富にあったところで、根に供給する水と肥料が多かったり少なかったりすれば、光合成はそれ以上はできないのに。もったいないことです」

言うまでもなく光合成の原料は水と二酸化炭素であり、エネルギーとなるのが光である。これらを作物が欲するままに過不足なく与えることが収量を最大化することに直結する。

水と肥料の供給量を最適にすることがいかに大事か──。中村さんは面白い話を教えてくれた。


水と肥料を見直すだけで収量が変わる



場所はとある養液土耕栽培のキュウリ畑。そこで収量を高めるためのこんな実験の実例があったそうだ。

畝の片側の土を1mほど堀り上げ、そこから根が生えている方へ真横に、ゆるやかな登りの傾斜を付けて穴を空けた。その穴に樋(とい)をさし入れ、養液が過剰に供給されていたら流れてくる仕組みにしたのである。

手始めに養液の供給量は農家の慣行通りにしたところ、樋に排出されてこない。だんだんと増やすと同時に、廃液のpH(土壌酸度)やEC(電気伝導度)を測定することで、やがて適正と思われる養液量を導き出した。

もともとの収量は10a当たり10~12t。それがこの成果により、すぐに26~27tと、2倍超に増えたそうである。

同じような実験をするのは手間がかかるものの、収量が2倍以上も増えるのであれば、一度は試す価値があるかもしれない。ましてや高設栽培であれば、養液の供給量と排出量、pHやECのデータは取ろうと思えば自動的に取れる。

環境制御技術でさらなる増収を図るのであれば、いま一度根の力に注目するのも手ではないだろうか。

【コラム】窪田新之助のスマート農業コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。