1万5000俵のコメを評価する「頭脳」【窪田新之助のスマート農業コラム】

いわゆる「業務用」のコメを多く扱う農業法人の有限会社シャリー(茨城県五霞町)を訪ねた。

同社はライスセンターを有し、周囲の農家からも集荷している。大手の取引先ほど品質に関する保証を求めてくるという中、データを活用した取り組みが印象的だった。


130の事業者と取引

シャリ―の経営面積は78ha(2019年実績)。このうち水稲の作付面積は70haで、町全体の13%を占める。

品種の内訳は「ふくまる」「あさひの夢」「ひとめぼれ」「コシヒカリ」など。販売先はほぼすべて中食と外食。首都圏の給食センターや大学の学食、病院など130ほどの事業者に直接卸している。

有限会社 シャリー 鈴木一男社長
実需者と安定した取引を続けるために整備した施設の充実ぶりには目を見張る。

1日当たり6ha分をこなす乾燥施設や16tを処理する精米工場のほか、低温貯蔵庫や色彩選別機、ガラス選別機を備える。乾燥機の台数は今後増やす予定だ。

その理由について鈴木哲行常務は「現状だと雨が来ることがわかっていても、乾燥機の能力を超えるので刈れないことがある。そうなると品質が低下してしまう。デポも考えたが、乾燥機の方が作業性はいいので、思い切って増やすことにした」と語る。

この施設では周囲の農家からも集荷を受け付けている。取扱量は年間4500俵。

もみで運んできてもらい、乾燥調製した後、自家用の分だけ持ち帰ってもらう。残りをシャリーが買いとる。農産物検査員の資格を有しているので、自社で検査ができるのは大きな強みだ。

ほかに民間の集荷業者からも玄米を仕入れており、自社生産と合わせると計1万5000俵を販売している。


400万円でカスタマイズした販売管理システム

「これがうちの頭脳です」

専務の鈴木哲行さんがこう紹介したのは、新潟県三条市の株式会社システムエースの既製品を400万円以上かけてカスタマイズした販売管理システム。

シャリーの「頭脳」である販売管理システム
パソコンの画面を見ると、検査を終えて分析した日付ごとに白度や水分、正常粒、粉状質粒、被害粒、着色粒、砕粒、異色穀粒などの割合がずらりと出る。

鈴木さんは「実需から毎月1回程度、精米データが欲しいという注文があるんです。グレードが気になるんですね。例えばコンビニが求めているのは正常粒が多い米。80%、90%と高ければ高いほどいいと言われています。こちらからデータを示すことで、取引するうえでのツールになるわけです」と話す。

販売管理システムがあれば、出荷先で何らかの問題が生じた際、どの農家が生産したものであるかをすぐに特定することもできる。大手の取引先ほど品質に関するデータを随時求めるようになっているという。

コメの業界では農産物検査で従来のように目視ではなく、画像を解析することでできる機器が開発され、一部でその運用が始まる予定だ。コメのバリューチェーンの構築でも、いよいよデータの活用が始まっていく。


農業生産法人 有限会社シャリー
http://www.shally.co.jp/
【コラム】窪田新之助のスマート農業コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    たなかかつき。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集