米穀店も稲作経営を始める時代【窪田新之助の農業コラム】

高齢を理由に農村で大勢が離農する時代に入った中、水田をどう維持していくかに真剣に悩むのは既存の農家だけではない。地方の米穀店の社長もまたその一人である。

模索すべきは地方の農業商社としての可能性


彼らは顧客が農業から離れる現実に直面し、量が確保できなくなるという経営的な危機感ということを要因とし、代わって農作業を請け負うことを決意。その先に、米を集荷して販売するだけにとどまらない、地方の農業商社としての新たな可能性を模索している。

そんな実態を知ったのは、少し前にとある米どころの米穀店に講演で呼ばれたとき。講演よりもむしろこちらが本番というにぎやかな懇親会で、その社長と耳打ちするように雑談していて興味を抱いたのは、7年前に地元の農事組合法人の代表に就いたという話だった。同法人は12haで米を生産し、社長は田植え機もコンバインも自ら運転する。地域で農家が相次いで離農する中、自ら作り、売ることを買って出ている。自ら耕作しないと、米が十分に確保できないのだ。

自ら生産することで、「農家」を知っていく

といっても、単に農業の生産をするだけでは利益はあがらない。そこで「農家」としての立場から、役立つ肥料を選び抜き、その販売も手がけている。そうして周囲の農家の信頼を勝ち取り、本業である集荷と販売の実績につなげている。自ら生産することは強みにもなる。社長はこう語った。


「これからの時代は農家が作った分を売るだけでは駄目。米についての物語が話せるようにならないと思ったこともあり、百姓を始めた」

私が米穀店が稲作に乗り出したことに興味を示すと、この社長は親切なことに、隣町の知り合いだという米穀店まで車で送ってくれた。この米穀店の若社長も2019年から稲作を始めたそうだ。除草剤を散布するホバークラフトの購入をきっかけに、社長が個人として作業受託の注文を取り始めたところ、それ以外の農作業もしてほしいと要望が寄せられるようになった。結果的に全面受託する面積が増えていったことから、会社として受注することにした。

今後も見逃せない米穀店の動向

2019年の耕作面積は5ha。向こう5~10年で離農が加速し、受託面積は20~30haになると見込む。しかし、近い将来に100haにしたいという。

もちろん受託面積を増やすのは慈善ではない。量販店や卸、飲食が産地に直接買い付けに入っている中、地元に根差した米穀店として量を持てないのは致命傷だ。ゆえに自ら生産に乗り出し、既存の農家との付き合いを深めながら、何とか量を確保しようとする。それでも離農は進む。代わって自ら作るのはそのためだ。

同時に肥料や農薬で独自の商品を開発し、既存の農家に営業する。より長く経営し、米を生産してもらうためである。稲作経営の将来をみるうえで、米穀店の動向は無視できない。
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。