農家目線で開発された開水路用の自動給水機の現地実証 〜横田農場の例

全国4つの農業法人が2016年に創業した農匠ナビ株式会社はこのほど、九州大学と共同で開発している開水路用の自動給水機の試作機を、茨城県龍ヶ崎市の有限会社横田農場で公開した。鉄製の箱型をしたこの機器は、水口付近に土を掘って溝をつくり、はめ込む。箱の中に収納してあるホースは水口とつなげる。そのホースを上下させることで、入水したり止水したりする。「農家目線」が売りだけに、簡単かつ安価に使えることを目指している。


九州大学の南石晃明教授らと開発するこの機器は、コードでつないで設置する水位を計測するセンサーと連動している。利用者は事前に手動で目盛りを合わせながら、目標とする水位の上限と下限を決めれば、あとはホースがその範囲を超えないように自動的に上下する。

スマートフォンを使って遠隔地から入水や止水を制御するIoTにも対応している。同モデルでは、本体にスマートフォンを取り付けることで、水田の画像が毎時送信されてくる。利用者はどこにいても水田の様子が確認できる。このため、大規模専業農家だけではなく、普段は別に仕事を持っている第二種兼業農家にも需要があるとみている。


380枚の水田管理をひとりでこなす

類似品との違いは、農家が自分で設置できること。さらにホースが上下することで、砂や石などのごみが詰まりにくいこと。類似品はギロチン式と呼ばれるように、上下に開閉するのが主流。農匠ナビと横田農場の代表取締役である横田修一氏は「ギロチン方式などと呼ばれるタイプだと、(閉まるときに)草などのごみをかんでしまうことがあると聞いている。そうすると水が完全に止まらず、入ってくる。我々の自動給水機はそれが防げる」と主張する。


従来の水管理といえば、稲作農家は手動で入水や止水をしている。つまり水田の数だけ水管理のための手間と時間が増えるということである。

横田農場は水田142ヘクタールを経営。作付するのは水稲だけ。1ヘクタールという大規模水田もあるが、7割は30アール以下。枚数にして380枚に及ぶ。その水管理を横田氏は一人でこなしている。

「(稲作経営で)一番大きいのは人件費。とくに水管理はコストがかかる」と横田氏。ただ、その水管理がおろそかになれば収穫量を落とす。人件費を抑えながら、どうやって細かな水管理を遂行するのかは、稲作農家が共通して抱える悩みだ。

評価キットの販売価格は5万円以下を目標

農匠ナビは2018年、同社のメンバーの農業法人が拠点とする茨城、滋賀、石川、熊本を中心に全国で100台の実証試験を始めている。別にJA全農も同規模の試験を始めている。2019年から評価キットを販売する。「農家目線」という観点から販売価格は5万円以下を目標としている。

数ある機能の中でも横田氏が優れた点として強調するのは、意外にも手動で水位を調整するところだ。広い水田になればなるほど、一枚のなかでも水位はまちまちだ。水に浸かっている箇所もあれば、土が見えてしまっている箇所もある。その様子を目視で確認しながら、手動で水位を調整する。それは送られてくる画像を見ながら、遠隔地からIoTで「水位5cm」などと決めてしまうよりも、稲の生育にとってはずっといい結果を生み出せるという。

農匠ナビと九州大学は実証試験をする農場のうち8農場で意向調査をした。水管理の省力化については50%が「できた」、25%が「少しできた」。水管理の改善については25%が「理想通りになった」、40%弱が「少しなった」と回答している。

<参考URL>
農匠ナビ
横田農場
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。