年収1000万円を捨てた脱サラ農家の夢

稲作農家になるため、家族とともに5年前に北海道鷹栖町に移住した平林悠さん(39)は、筆者の大学の同級生。研修先から独立して11haで稲作を始め、2年目の2020年は年商2650万円を達成した。

「農業は稼げる」と言い切るまでになった彼の次なる夢を紹介したい。先に答えを言うと「村づくり」だ。



自分で作ったものを、必要とする人に届けたい


平林さんと妻の純子さん(35)はもともと製薬会社に勤めていた。平林さんの年収は1000万円。それを捨ててまで農家になった理由の一つは「自分でものを作り、必要とする人に届けたかったから」。製薬会社の営業職だった平林さんには薬を作ることはできなかった。食べることが好きだったことや「ゆめぴりか」にほれ込んだこともあり、北海道で農業をする決意をした。

もとより生産したコメは自分たちで売るつもりだった。前職で優れた営業担当だった平林さんは、退職する前にそれまで公私で付き合いのあった人たちに営業をかけ、いずれ生産するコメを買ってくれる500人の顧客を獲得。実際に稲作を始めるとそのほとんどの人が購入してくれたほか、彼ら彼女らが新しい買い手を紹介してくれた。いまでは顧客の数は1000人を超える。

平林さんと付き合い、またその商品を購入してみて気づくのは、気遣いにあふれていることだ。例えば商品には心のこもった手紙が入っている。贈答用の場合は平林さんと送り主との関係に触れる。

平林さんの趣味は釣り。釣果は干物にして、ときに商品を購入してくれた返礼品として同封する。ときに純子さん手製の味噌に代わる。そうした加工品をつくる様子はSNSで頻繁に発信しているので、商品を通じて平林家に親近感がわいてしまう。固定客が増えるのも納得だ。

多くの人と幸せになりたい。平林さんの次の夢


早くも経営が安定してきた平林さんの次なる夢は「村づくり」。メディアなどで彼のことを知った人から鷹栖町で農業をしたい、仕事をしたいという相談が絶えない。実際に移住と就農が決まっている人も出ている。彼ら彼女らはブドウを栽培してワインを醸造したり、農家向けの税務業務をしたりすることを計画している。平林さんはこうした人たちと連携しながら、鷹栖町産の農産物を広く売っていくことを思案している。

もちろんコメもその一つ。そのため近いうちに施設を整え、集荷業を始める予定だ。

「自分と関わってくれる人たちと幸せになりたい」。そう願う平林さんが2月9日、農林水産省の補助事業「米マッチングフェア2020」で講演する。コロナ禍でオンラインでの開催となるので、遠方の方もぜひ視聴してもらいたい。これからの時代の農業経営の可能性を知ることができるはずだ。
※セミナー、商談会の申し込みは2月6日で終了しています。詳細は主催者にお問い合わせください。


米マッチングフェア2020
https://kome-matching.com/202002-form-sanka/
【コラム】窪田新之助のスマート農業コラム
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集